ツーリング記録 雲竜渓谷

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲竜渓谷

2014年2月2日

日光にある雲竜渓谷へと行ってきました。
以前から興味のある場所だったのですがここへ入るための装備がなかったので長いこと躊躇してたんですよね。
今回は私を含め3人でいきました。

AM4:30出発、日光東照宮の脇にある林道から車で登山口を目指しました。
林道は道幅も狭く、一部砂利道になっているようで車がけっこう揺れましたね。
今年は1/25から工事のため登山口までは行けないとのことだったのですが週末で工事が休みだったせいか奥まで入っていけました。
AM5:45準備を整えて出発、序盤はひたすら舗装路を登っていきました。
案内してくれた人の話では例年ならこの辺からすでに路面はガチガチだそうですが今年はびっくりするくらい雪が少ないとのことでした。

雲竜渓谷_001


それでも10分ほど経つと路肩に雪と路面の凍結が目立ち始めました。
AM6:30稲荷川展望台に到着、ここで最初の休憩をとりました。

雲竜渓谷_002

展望台からは屏風のように聳え立つ日光連山が一望できました。
朝日が当たればきれいに焼けそうな位置なのですが残念ながらこの日は曇っていたのでそれは望めませんでした。

女峰山~赤薙山

雲竜渓谷_003

休憩を終えて出発、ここからは路面も完全に真っ白。
ただ凍結していなかったのとほぼ平坦路だったおかげで滑ることもありませんでしたがね。

雲竜渓谷_004

AM7:10洞門岩に到着、ここでようやくアイゼンを装着しました。

雲竜渓谷_005

洞門岩を下り川沿いへ、ここからは5、6回渡渉を繰り返します。
基本的にはダブルストックで支えてれば問題ない場所ですが一部足場の悪い場所なんかもあり苦戦しました。

雲竜渓谷_006

渡渉地帯を抜けるといよいよ雲竜渓谷内へ、いきなりこの階段がやばかった。
冬以外なら便利な階段なのでしょうがさすがにこの時期はガチガチに凍っていて気が抜けませんでした。
12本爪アイゼンを買っておいて正解でしたね、6本だとちょっとやばかったかも。

雲竜渓谷_007

渓谷内に入りまず見えてくるのが友知らず、自分のことで精一杯で友を心配する余裕のないということからついた名前だそうです。
冬以外だと水量も多く難所なのでしょうがさすがにこの時期は路面凍結とアイゼンのおかげでサクサク進んでいけました。

雲竜渓谷_008

雲竜渓谷_009

雲竜渓谷_010

雲竜渓谷_011

このあたりからアイスクライミングをしてる人を多く見かけましたよ。
少し手前にテントが多数張ってあったので前日泊して挑んでいるのでしょうね。
日中は気温が上がって氷が溶け始めるから朝一じゃないとダメなのかな。
必死に氷にしがみつく姿を何枚か撮らせてもらいました。

雲竜渓谷_012

友知らずを抜けると氷の神殿のような場所が見えてきました。
巨大な獣の牙のような氷柱が無数に岩から生えているすさまじい光景でしたよ。
ただいつ落ちてくるかわからないという恐怖感が常にありましたけどね。
氷柱の奥にチラっと見えているのが渓谷最深部にある雲竜瀑です。

雲竜渓谷_013

雲竜渓谷_015

雲竜渓谷_024

雲竜瀑を目指してさらに奥へ、凍結した斜面を登っていきます。
人によってはピッケルを装備していましたが我々のパーティはダブルストックとアイゼンのみで突破。

雲竜渓谷_014

雲竜渓谷_016

斜面を登るとようやく目的の雲竜瀑が目の前に見えてきました。
AM8:40雲竜瀑に到着、今まで見たどの氷瀑よりも圧倒的にでかいです。
どのくらいでかいかはここを登っている人と比べてもらえばわかると思います。
まさに圧巻の一言
しかしこれでも例年よりは小さいとの話でした。

それにしてもよくこんなとこ登るな~、真似できないわ・・・

雲竜渓谷_018

雲竜渓谷_019

雲竜渓谷_020

雲竜渓谷_021

雲竜渓谷_022

雲竜渓谷_023

雲竜瀑の前で2時間ほど食事休憩した後に下山開始、ここにきてようやく晴れ間が見えてきましたよ。
もうちょっと早く晴れてくれれば渓谷内でいい絵が撮れたのにな~。

雲竜渓谷_025

雲竜渓谷を後にし滝巡りへ、日光周辺の滝を3つほどまわりました。
いろは坂のほうにも行ったのですがほとんど雪がなかったですね。
バイクで走っている人もいましたよ。

寂光の滝

雲竜渓谷_026

竜頭の滝

雲竜渓谷_027

霧降の滝

雲竜渓谷_028

一通り回り終えた後、宇都宮に戻り解散。
いいものが見れて大満足な山行でした。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。