ツーリング記録 白峰三山縦走②(2日目:間ノ岳~農鳥岳~奈良田)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白峰三山縦走②(2日目:間ノ岳~農鳥岳~奈良田)

2013年9月28~29日(出発は27日の夜)

2日目はAM2:30起床、テント内は体温が充満して暖かかったのですが扉を開くとものすごい冷気が内部に入ってきました。
いずれにしろこの寒さの中を進まなければならないので体を慣らすためにそのまま朝食の準備を開始しました。
適当にラーメンとコーヒーで腹を満たし、即座に撤収開始、水場で水を購入(1L/100円)して準備完了。
空には満天の星空が広がっていたのでとりあえず稜線上にでて軽く撮影してから出発することにしました。

まずは富士山方面、月明かりに照られていて肉眼でもはっきりと富士山が見てとれました。
左側の街明かりは甲府市街かな。
かなりブレてますが軽い三脚しか持っていかなかったので仕方ありませんね。
これ以上重いのを持っていくと体が持ちませんしね。

2013年9月28~29日 白峰三山_055


真上にはオリオン座がまたたいていました。
早いな、これが見えるようになると今年も終わりか~。
まだ3ヶ月あるけどねw

2013年9月28~29日 白峰三山_056

仙丈ケ岳からわき立つ天の川、街明かりと月光が強すぎてあまりうまく写ってないな・・・

2013年9月28~29日 白峰三山_058

北岳と流星

2013年9月28~29日 白峰三山_057

中央アルプスと駒ヶ根市街

2013年9月28~29日 白峰三山_059

一通り星景をとり終えた後、AM4:25出発、まずは間ノ岳に向かって稜線上を歩き始めました。
この時点で日の出まで約1時間、若干ペースを早めつつ進みました。
AM5:00、最初のピーク中白根岳に到着、徐々に東の空が紅らみ始めてきました。

2013年9月28~29日 白峰三山_060

中白根岳を抜けると一気に明るくなっていきました。
本来は間ノ岳山頂で日の出を迎える予定だったのですが間に合いそうもないので少し手前にあるケルンで待つことにしました。

夜明直前の富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_061

2013年9月28~29日 白峰三山_062

AM5:40、間ノ岳稜線上より見た日の出

2013年9月28~29日 白峰三山_063

日が昇ると周囲が一気に赤に包まれていきました。
これは一瞬だけの現象なので必死になってシャッターを連射

仙丈ケ岳モルゲンロート

2013年9月28~29日 白峰三山_064

北岳モルゲンロート

2013年9月28~29日 白峰三山_065

染まる富士山、薄っすら雲がかかっているのか縞模様のおまけまでついてきました

2013年9月28~29日 白峰三山_066

日が昇ったところで再出発、前方にはすでに間ノ岳の山頂が見えていました。
こちら側かわだと閑散とした岩場といった形状ですね~。

2013年9月28~29日 白峰三山_067

途中、何度なく雲海に浮かぶ富士山を撮りながら進みました。
絶景なり、やはり山は早朝に限りますね。

2013年9月28~29日 白峰三山_068

AM6:30間ノ岳山頂に到着、これで白峰三山2峰目踏破

2013年9月28~29日 白峰三山_069

間ノ岳からの眺め

中央アルプス~仙丈ケ岳~鋸山~甲斐駒ケ岳~北岳

2013年9月28~29日 白峰三山_070

仙丈ケ岳後方に聳える後立山連峰

2013年9月28~29日 白峰三山_071

北岳~鳳凰三山~奥秩父山塊

2013年9月28~29日 白峰三山_072

富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_073

10分ほど休憩した後出発、最後の1峰農鳥岳へと向かいました。
まずはザレた急坂を下ります。
2日目の足にはこれがけっこうきついんですよね。
個人的に疲れているときは登りよりも下りのほうがダメージが大きいです。

2013年9月28~29日 白峰三山_074

AM7:36、農鳥小屋に到着。
間ノ岳と農鳥岳のコルにあたる場所に立っています。
ここからは急登が続くので5分ほど休憩を取りました。
ちなみにここから先、大門沢小屋まではトイレはありません。

2013年9月28~29日 白峰三山_075

AM7:48農鳥岳に向け出発、いきなりハードは急坂から始まります。
序盤は軽くザレている程度なのですが上のほうは連続した岩場となっていきました。

2013年9月28~29日 白峰三山_076

稜線上より見た中央アルプス乗鞍岳

2013年9月28~29日 白峰三山_077

AM8:43西農鳥岳に到着。
農鳥岳手前のピークなのですがこちらのほうが標高が高くなっています。
個人的にはこちらからの眺めのほうが好きかな。

2013年9月28~29日 白峰三山_078

2013年9月28~29日 白峰三山_079

西農鳥岳からの眺め

塩見岳と南アルプス南部の山並み

2013年9月28~29日 白峰三山_080

北岳~八ヶ岳~鳳凰三山~奥秩父山塊

2013年9月28~29日 白峰三山_081

富士山と農鳥岳

2013年9月28~29日 白峰三山_082

2013年9月28~29日 白峰三山_083

北アルプス

2013年9月28~29日 白峰三山_087

乗鞍岳

2013年9月28~29日 白峰三山_088

間ノ岳、西農鳥から見た姿が一番迫力ありますね。
日本で4番目に高く、百名山に選定されるのも納得いく姿でした。

2013年9月28~29日 白峰三山_089

15分ほど休憩した後に出発、基本は岩稜を巻いて進むのですが途中、何箇所か岩場が出現します。
ストックをしまわなかったのでけっこう突破に時間がかかりました。
面倒くさがっちゃダメなんだよな・・・。

2013年9月28~29日 白峰三山_090

2013年9月28~29日 白峰三山_091

ちなみに偽ピークもいくつかあるので精神的にきつかった~。
登ったと思ったらまだ稜線が続いてますからね^^;

2013年9月28~29日 白峰三山_092

2013年9月28~29日 白峰三山_093

AM9:40農鳥岳に到着。
これにて白峰三山全山踏破完了

2013年9月28~29日 白峰三山_099

農鳥岳からの眺め

間ノ岳~北岳~八ヶ岳~鳳凰三山~奥秩父山塊

2013年9月28~29日 白峰三山_095

鳳凰三山

2013年9月28~29日 白峰三山_096

八ヶ岳

2013年9月28~29日 白峰三山_097

西農鳥岳

2013年9月28~29日 白峰三山_098

富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_100

間ノ岳~北岳~八ヶ岳~鳳凰三山

2013年9月28~29日 白峰三山_101

南アルプス南部

2013年9月28~29日 白峰三山_102

たっぷり休憩をとった後、下山開始。
正直、三山縦走よりもここからが一番きつかった。
足の裏にマメができたのと踵がちょっと擦れてしまったようで歩くたびにビキビキくるのです。
さすがに耐えられなくて途中でテーピングや絆創膏を貼って応急処置をほどこしました。
今回、新しい靴を履いての登山だったのでまだ足になじんでなかったようですね。
近場の山で慣らしてから来るべきだったな・・・

2013年9月28~29日 白峰三山_103

AM10:30、大門沢下降点に到着。
ここが広河内岳と奈良田方面への分岐になっています。

2013年9月28~29日 白峰三山_104

ここからは急坂が続きいっきに足に負担がかかっていきました。

2013年9月28~29日 白峰三山_105

ハイマツ帯より農鳥岳を振り返る

2013年9月28~29日 白峰三山_106

彩られた木々の向こうに見える富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_107

2013年9月28~29日 白峰三山_108

2013年9月28~29日 白峰三山_110

樹林帯、ガレた岩場が続き肉体的にも精神的にもかなりきつい区間だと思います。
稜線上と違って見晴らしもなく、また気温が高かくてとにかくつらかった・・・。
途中、適当な場所で水分休憩をとりつつゆっくり進みました。
急ぐと体が持ちませんからね。

2013年9月28~29日 白峰三山_111

PM1:40ようやく川沿いへ、ここからは川に沿って進みます。
ここまで来ると道もだいぶなだらかになっていきました。
ただやはり岩場やガレ場が多いのできついことに変わりはないのですけどね。

2013年9月28~29日 白峰三山_112

途中こんな手作りの橋なんかも渡ります。
これはまだしっかりしてるほうかな、あきらかにやばそうなのもいくつかありました。

2013年9月28~29日 白峰三山_113

PM1:05大門沢小屋に到着。
ここが奈良田までの最後の休憩ポイントとなります。
必ず水を補給しましょう。
ここまでくるともう動きたくなかったです。
なにせここから奈良田までまだ3時間半くらいありますからね。
なぜここに小屋があるのか、その理由がよ~~~~~~っくわかりました。
ここではかなり長めに休憩をとりましたよ。

2013年9月28~29日 白峰三山_114

ちなみにこの大門沢小屋は富士山が見える最後の場所でもあります。

2013年9月28~29日 白峰三山_115

PM1:45大門沢小屋を出発、いきなり沢渡りに始まり岩場を越え、渡渉とけっこうハードな道が続きました。
一秒でも早く下山したい思いでいっぱいなのですが体がヘロヘロで速度が遅いんですよね。
まあ、日暮れ前に下山できればいいやってことでゆっくり進みましたよ。

2013年9月28~29日 白峰三山_116

2013年9月28~29日 白峰三山_117

2013年9月28~29日 白峰三山_118

2013年9月28~29日 白峰三山_119

PM3:38、ようやく最初の吊橋が見えてきました。
山の中に入るのはこういった日常と隔絶するためなのですがやはり疲れきっていたせいか人工物を見てホッとしましたよ。
おかしなものです。

2013年9月28~29日 白峰三山_120

この後2回ほど吊橋を渡りPM4:00奈良田側の登山口に到着、といってもここまらまだかなりあるんですけどね。

2013年9月28~29日 白峰三山_121

ここからはしばらくフラットなダートが続きます。

2013年9月28~29日 白峰三山_122

ダートが終わると舗装路に、だいぶ奈良田バス亭が近づいてきました。

2013年9月28~29日 白峰三山_123

PM4:30奈良田ゲート到着、ここからはあと少しだとわかっているのですが何度もGPSで現在地を確認しましたよ。
全行程で一番精神的にきつかったな・・・

2013年9月28~29日 白峰三山_124

PM5:00奈良田バス亭に帰還。
すっごい疲れた、これは1泊2日ではなく2泊3日でやるルートですね。
ちょっと無理しすぎた・・・。
この後は荷物を車にぶっこんで帰路へ、途中、中央道で30km以上の渋滞に巻き込まれたのですがバイクと違ってつらいですね。
風のようにすり抜けていくバイクがうらやましくて仕方がなかった。
まあ、でも2日とも晴れてくれたしいい山行だったかな。

2013年9月28~29日 白峰三山_125

登山ルート:

2013年9月28~29日 白峰三山_030

①へ戻るホーム
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。