ツーリング記録 白峰三山縦走①(初日:広河原~北岳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白峰三山縦走①(初日:広河原~北岳)

2013年9月28~29日(出発は27日の夜)

白峰三山を縦走してきました。
27日PM8:17出発、この日はかなり気温が低かったのでバイクではなく車で現地へ向かいました。
中央道で山梨へ、甲府南ICで降りてR140-R52のルートで南下、飯富からr410-r37のルートで奈良田へと向かいました。
PM11:40、奈良田第一駐車場に到着、この日はここで車中泊をしました。
初めて車中泊をしましたが慣れてないとやはりダメですね。
体が微妙に斜めってるせいかまともに寝れませんでしたよ。
やはり私はバイクで行って現地でテント泊が合ってるようです。
寒さごときに負けた自分が許せん・・・。

28日AM5:00起床、準備を済ませて奈良田のバス亭へと向かいました。
すでに始発のバスは到着しており、私も広河原行きのチケットを購入(1100円)して乗車しました。
AM5:30出発、前夜まともに寝れなかったせいか車中ではぐっすり眠れましたよ。

2013年9月28~29日 白峰三山_001


AM6:30広河原に到着、登山計画書を書いてトイレに行こうと思ったのですがトイレ前はびっくりするような大混雑となっていたので我慢して先へ進むことにしました。
AM6:45登山開始、インフォメーションセンターを出ると前方には白峰三山最初の目的地である北岳が聳え立っていました。
雲ひとつない空を見ながらニヤニヤしながら進んでいきました。

2013年9月28~29日 白峰三山_003

約10分ほどで広河原山荘に到着、ここが北岳方面へのベースとなるのかな。
インフォメーションセンターと違ってこちらのトイレはガラガラだったのでここを利用させてもらいました。

すっきりしたところで出発、登山道はいきなりガレた急登から始まりました。
寝不足の体にはちょっとこたえましたね、いつもより体の動きが鈍かった気がします。

2013年9月28~29日 白峰三山_004 

AM8:14第2ベンチに到着、ここで少し休憩、いまだ樹林帯の中ですが空には爪で引っかいたようないい雲がでていました。
まあ、これ以上雲が発生すると景色に影響するので困りますけどね。

2013年9月28~29日 白峰三山_005

第2ベンチを境に登山道は少しだけなだらかになって行きました。
といってもこの時点でまだ北岳山頂まで軽く標高差1000m以上あるのですけどね。

2013年9月28~29日 白峰三山_006

AM9:09白根御池小屋に到着。
名前の通りここには白根御池という池があるのでもしかしたら逆さ北岳が見れるかと期待したのですが残念ながらアメンボの動きがすごくてダメでした。
アメンボのいない時期で無風の日ならもしかしたら見れるのかもしれませんね。
少し待ったのですが水面が静まりそうになかったので先へ進みました。

2013年9月28~29日 白峰三山_007

2013年9月28~29日 白峰三山_008

白根御池を抜けAM9:55大樺沢二俣へ、ここが八重歯コル方面(左俣)右俣との分岐になります。
この辺りから木々が色味を増し始めました。
私は右俣コースを選択、八重歯方面はハシゴが多いと聞いていたので重装備では厳しいと思いこちらを進むことにしました。
分岐を境に再び急登に、この辺りは高山植物の群生地となっているので高い木がなくモロに直射日光を浴びるのでけっこうきつかったですね。

2013年9月28~29日 白峰三山_009

2013年9月28~29日 白峰三山_010

途中で見かけた空き缶、かなりの年代物ですね。
今のファンタオレンジと違って渋いデザインですね。
何十年ここで置かれてるのだろうか。

2013年9月28~29日 白峰三山_011

AM11:31森林限界突破、ナナカマドで真っ赤に彩られた道を上へ

2013年9月28~29日 白峰三山_012

ここまで来ると右手に鳳凰三山、前方に八ヶ岳、そして後方には富士山が見えてきてテンションが一気にあがりました。
樹林帯を抜けるまで天気が不安だったのですが上手い具合に晴れていてくれましたよ。
それぞれ秋の気配をまとった姿が美しく、何度となくシャッターを押しながら進みました。

2013年9月28~29日 白峰三山_013

2013年9月28~29日 白峰三山_014

2013年9月28~29日 白峰三山_016

2013年9月28~29日 白峰三山_015

PM12:00小太郎尾根分岐に到着。
ここからは360度完璧な展望を望むことが出来ました。
この段階でかなりヘロヘロになっていましたがそれに見合うだけのものは見れましたね。

小太郎尾根分岐からの眺め

鋸山~甲斐駒ケ岳~八ヶ岳、手前の尾根が小太郎尾根と小太郎山

2013年9月28~29日 白峰三山_000s-

仙丈ケ岳

2013年9月28~29日 白峰三山_017

鳳凰三山

2013年9月28~29日 白峰三山_018 

富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_019

小太郎尾根分岐からの眺めパノラマ(クリックで拡大できます)

2013年9月28~29日 白峰三山_020 
分岐を北岳方面へ、ハイマツ帯を通って山頂へと進みます。
山頂はすでに目の前に見えているのですがここからまだけっこうかかります。

2013年9月28~29日 白峰三山_021 

右手には常に仙丈ケ岳と中央アルプス、北アルプスが見えていました。
今年はもう無理だけど来年は中央アルプスをせめてみたいですね。

2013年9月28~29日 白峰三山_022

2013年9月28~29日 白峰三山_023 

2013年9月28~29日 白峰三山_024

2013年9月28~29日 白峰三山_025 

2013年9月28~29日 白峰三山_026

PM12:40北岳肩ノ小屋に到着。
2泊3日ならここで泊まるのもありなのですが今回は1泊2日の行程なのでここで立ち止まるわけにはいきません。
軽く休憩した後に山頂を目指しました。

2013年9月28~29日 白峰三山_027

ここまでくるとあと一息がけっこうつらいんですよね。
パっと見すぐにも着いちゃいそうに見えますがいくつもの岩場を登り、ザレ場を下りしながらとけっこうハードだったりまします。

2013年9月28~29日 白峰三山_028

ようやく見えてきた北岳山頂、ここまでホント長かった~。
今思い返せばここまではなんてことないんですけどね・・・

2013年9月28~29日 白峰三山_029

山頂手前からは明日の目的地である農鳥岳間ノ岳、さらに南アルプス南部の塩見岳が見えていました。
かなりの距離があるのはわかっていて登っているのですが実際に見ると軽くひるみますね。

2013年9月28~29日 白峰三山_030

PM1:30、北岳山頂に到着。
まずは白峰三山1峰目を踏破 
ちなみにここは富士山に次いで日本で2番目に高い山となっています。

2013年9月28~29日 白峰三山_031

北岳山頂からの眺め

富士山方面

2013年9月28~29日 白峰三山_032 

2013年9月28~29日 白峰三山_033

農鳥岳・間ノ岳方面、このアルプスならでは稜線がたまりませんね。
見るものをグっとひきつけて離さない魅力がありますね。
ちなみに画像中央やや右に写っているのがこの日の宿泊地北岳山荘です。

2013年9月28~29日 白峰三山_034

鳳凰三山、ちょっと雲がかかってしまいましたが前方に広がる大渓谷とあわさって見事な景観をつくりだしていましたよ。
思えば今年の6月にここを登った時に今回の白峰三山縦走を思い立ったんですよね~。
まだ3ヶ月目のことなのにかなり昔のことのような気がします。

2013年9月28~29日 白峰三山_035

2013年9月28~29日 白峰三山_039

鋸山~甲斐駒ケ岳~八ヶ岳、甲斐駒のピラミッド状のピークは槍ヶ岳に通ずるかっこよさがありますよね。
どれだけの年月風雪にさらされて削られてきたのだろうか。

2013年9月28~29日 白峰三山_036 

2013年9月28~29日 白峰三山_038

ネバーエンディングストーリーのファルコンみいたいな雲

2013年9月28~29日 白峰三山_037

PM2::16北岳山荘へと下っていきました。
個人的には北岳は南側から見たこの構図が好きかな。
全体的な眺めだけなら肩ノ小屋のほうが若干いい気がしますが、北岳単体の眺めではこっちのほうがいいですね。
この日は全体的に茶で覆われていましたが夏に来れば緑になっているのでしょうかね。
年齢的にもう一回ここに登れるかな、登ったとしても次回は山小屋泊まりだな。

2013年9月28~29日 白峰三山_040

PM2:58北岳山荘に到着。
テン場の受付を済ませてそっこうでテントを設営、動いているときは気になりませんでしたがやはり立ち止まると一気に寒くなっていきました。
山はもう秋ですね。
この日の夕食はマーボー丼と缶ビール3本、冷えた体を暖めたいのか冷やしたいのかw

2013年9月28~29日 白峰三山_041

2013年9月28~29日 白峰三山_042

食事を終えてカメラを手に稜線へ出てみました。
ホントは寝不足なのですぐにでも寝たかったのですがあまりにも天気が良かったので夕日を見るまでねばることにしました。
結果的にねばってみて正解でしたよ、ホントにいい景色が見れた。

北岳山荘周辺からの眺め

北岳

2013年9月28~29日 白峰三山_043 

北岳に迫る雲海

2013年9月28~29日 白峰三山_045

富士山

2013年9月28~29日 白峰三山_044

2013年9月28~29日 白峰三山_046 

2013年9月28~29日 白峰三山_047

西側に広がる大雲海

2013年9月28~29日 白峰三山_048

北岳アーベンロート

2013年9月28~29日 白峰三山_049

夕暮れに染まる富士山と雲海

2013年9月28~29日 白峰三山_050 

雲上に浮かぶ仙丈ケ岳

2013年9月28~29日 白峰三山_052

この日の落日

2013年9月28~29日 白峰三山_053

一通り撮り終えた後テントへと戻り眠りに着きました。

2013年9月28~29日 白峰三山_054

ホーム②へ進む

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。