ツーリング記録 槍ヶ岳①(初日:上高地~殺生ヒュッテ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳①(初日:上高地~殺生ヒュッテ)

2013年8月3~4日(出発は2日の夜)

週末を利用して北アルプス・槍ヶ岳に登ってきました。
8月2日PM8:00準備を済ませて出発、中央道-長野道で長野県へ、松本ICで下りてR158を西へと進みました。
PM11:30、道の駅「風穴の里」に到着、この日はここにテントを張って野宿しました。
テント設営しているとパラパラと雨が降ってきました。
予報では2日間晴れのはずなのですがいきなり不安になりましたよ。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_001


AM2:30起床、早々に撤収作業を済ませて出発、沢渡バスターミナルへと向かいました。
上高地はマイカー規制がしかれているのでここからバスに乗り換えて入ることになります。
10kmほど走って沢渡バスターミナルに到着、空を見上げると満天の星空が輝いていました。
ザックから三脚を取り出して何枚か撮影、ピンがちょっと甘いけど天の川が撮れました。
ちなみに下の建物はトイレです。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_002 

とりあえず駐車場にBANを停めようと向かったのですが、なんと入り口に「バイク駐車お断り、民営駐車場におまわり下さい」の文字が
それなら他へと走ったのですが他の3箇所全部同じ事が書かれてました。
これは終わったかと焦りましたがなんとか1箇所だけバイクを駐車できる場所を発見、それが下のアルピコ交通さわんど車庫前、「バイク1日200円」の文字を見たときはホっとしましたよ。
それにしてもバイクに優しくないとこだな
とりあえず券売所が開くまで仮眠をとりました。
AM4:00、上高地までの往復チケット(2000円)と2日分の駐輪代(400円)を支払ました。
AM4:50、バスが到着、車内はすでに満席状態で補助席に座りました。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_003

AM5:15上高地バスターミナルに到着、こんな時間にもかかわらずすでに凄い数の人、槍もかなりの混雑が予想されました。
登山届けを書いてAM5:30出発、まずは河童橋方面へと向かいます。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_004

梓川沿いに出ると前方には穂高連峰が出現、今回は行きませんがいずれここにも登ってみたいですね。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_005

奥穂高とジャンダルムかな?

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_006

河童橋をぬけ樹林帯を東へと進みました。
槍ヶ岳への道は片道で20kmほどあるのですがその半分くらいは平坦な樹林帯でした。
体力は消耗しないのですが単調なのでけっこう疲れるんですよね~。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_007

AM6:10明神館に到着。
このあたりまでは観光客もお気軽に来れる程度の距離ですね。
近くには明神池というのがあるそうなのですが今回は時間がないのでパスしました。
ちなみに画像中央にうっすらと写っているのが明神岳、残念ながら雲の中でした。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_008

明神館を抜けると猿の群れが出現、特に人間におびえる様子もなかったですね~。
母猿の背にのった子猿がかわいかったな。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_013

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_010

樹林帯からいったん、梓川沿いにでると前方に前穂高岳が出現、こっちも残念ながら雲がまとわりついちゃってますね~。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_011

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_012

AM6:57徳沢園に到着。
ここで軽く休憩、ここまでずっと平坦路なのですが重装備なので体力の消耗がけっこう激しかったりします。
通常装備だとあまり休憩をとらないのですが今回はすべてのポイントで休憩をとりました。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_014

徳沢園をでて再び梓川沿いへ、遠方には赤い山肌がむき出しになった山が見えていました。
赤沢山でしょうかね。
空を見上げると流れるような雲が浮かんでいました、山はもう秋に入りつつあるのかな。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_015

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_016

AM8:00横尾に到着
ここで距離的にはちょうど半分くらいかな、といっても標高差はまだ1000m以上あるんですけどね。
ちなみにここは北アの色んな山への分岐になります。
なのでここでベースキャンプを張っている人も大勢いましたよ。
前穂を見ながら一泊するのも悪くないですね。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_017

横尾をぬけしばらくすると梓川沿いに人だかりが、近づいてみると「ここから槍が見える」と教えてくれました。
なんでも槍見河原という場所だそうで上高地側から入ってきて最初に槍が見えるのがこの場所になるそうです。
といってもかなり遠望になるんですけどね。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_018

AM9:10一の俣に到着、ここは休憩なしでスルー

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_019

一の俣を抜け再び川沿いへ、この時点で汗だくだったので裸になって川に入りたくなりましたよ。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_020 

AM9:40槍沢ロッジに到着。
この先のババ平キャンプ場の受付はここですることになります。
といっても1kmくらい離れているのでビールを飲みたい人にはお勧めできない場所ですね。
買出しがたいへんそう^^;

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_021

槍沢ロッジより槍ヶ岳

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_022

AM10:30ババ平キャンプ場に到着。
屏風を広げたような絶壁に囲まれたすばらしいキャンプ場でしたよ。
正直この時点でかなり疲れていたのでここで泊まりたいくらいでした。
ちなみにここには水場が用意されています。
難点は上でも書きましたがここから槍沢ロッジまでは1kmほどあるので買出しがちょっとたいへんですね。
近くに川が流れてるのでビールを飲みたい人はあらかじめ持ち込んでそこで冷やすのがいいかもです。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_023

ババ平を抜けると道は徐々にガレていきました。
このあたりからが本格的な登山かな。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_024

AM11:20大曲りに到着。
東鎌尾根から槍へ向かう人は水俣乗越へと向かうのですが巨岩がずらーっと敷き詰められた急登になっていてかなりきつそうでした。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_025

大曲をぬけて雪渓へ、踏み跡がしまっていたのでアイゼンは使わず突破しました。
時間にして10分かからなかったかな。
実質的な登りはここからになるのかな、ここまで平坦路ばっかで楽すぎた。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_026

このあたりから高山植物がチラホラ出現。

コバイケイソウ

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_027

PM12:26天狗原分岐、ここでいったん天狗方面にいくと氷河公園という池があり運がよければ逆さ槍が見れるそうです。
私はヘロヘロだったのでそのまま槍方面へ進みましたけどね。
次回、槍に行くときは寄ろうと思ってます。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_028

だいぶあがってきたな

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_029

横に目をやると猿の群れが雪渓をくだっていました。
ずいぶん標高の高い場所まで縄張りにしてるんだな~。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_030

水沢、無料の水場はここが最後です。
これより上は有料となるのでここでしっかり補給しておいたほうがいいです。
ちなみにこの水、冷たくて最高にうまいです。
昨年、白馬三山を縦走したときに飲んだ水と同じくらいうまかったです。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_032 

水沢を抜けて雪渓をトラバース、崩れかかっていてちょっとヒヤヒヤしましたよ

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_033

ちょうどこのあたりから雲が増え始めたんですよ。
ここまできて槍が見れないのかと思うとかなりガックリきました。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_034

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_035

PM2:00坊主岩小屋(播隆窟)に到着。
槍ヶ岳を開山した播隆上人が53日間こもって念仏を唱えた場所だそうです。
食料とかどうしてたのか不思議ですね。
というか53日間も、山に入りっぱなしとか無理だわw

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_036

坊主岩小屋をぬけてガレた槍沢を登っていきます。
本来ならもう槍ヶ岳が見えてるはずなのですが・・・

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_037

殺生ヒュッテとの分岐にきたところで雲が一瞬だけきれて槍が姿を現し始めました。
もうダメかと思っていただけにこれはうれしかったですね~。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_038

PM2:36殺生分岐到着、そのまま槍方面へ

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_039

槍に近づくほどに天候が回復していきました。
かなり疲れていましたが気力を振り絞ってラストスパートをかけましたよ

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_042

槍山頂、かなり渋滞してるのが見えてますね。
まあ、ピーク時期だから仕方ないですけどね。

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_041

あと5分ほどで槍ヶ岳山荘に到着というところで上から降りてきた登山者に声を掛けられました。
「上のキャンプ場はもういっぱいで、山荘泊まりの受付も終わらないほど人でごったがえしてますよ」とのこと、あまりのショックで一瞬体が固まりましたがどうしようもないので殺生ヒュッテまで降りることにしました。
なんでもその方は槍にも途中まで登ったらしいのですが動かないほど大渋滞していたので巻き道からもどってきたそうです。
教えてもらわなければえらい目にあってたわ・・・

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_043

PM3:17、殺生ヒュッテに到着、キャンプ場の受付を済ませてテントを設営(テント1泊500円)。
こっちもかなり混んでましたね、早めに降りてきてなかったらこっちに入れなかった・・・

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_044

テントを張り終えてビールを飲みながら槍を観賞、なんだかんだでこっちのキャンプ場のほうが眺めがよかったな。
降りてきて正解でしたよ。
隣のテントの方と「明日はモルゲンロート見るか、山頂から日の出を見るか悩みますね~」なんて話しながらまったりと過ごしたのですが、まったりしてないでこの時点でとっとと登っておけばよかった・・・

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_045

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_046

この日の夕食は牛丼、レトルトだけどね

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_047

槍を貫く飛行機雲

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_048

軽く酔っ払ったので少し早めに寝たら9時頃目が覚めました。
テントから外をのぞいてみるとびっくりするくらいの満天の星空
速攻でカメラと三脚を取り出し撮影開始

槍ヶ岳と星空

殺生ヒュッテより

こんな時間に槍山頂でヘッデンの光が
よくやるわ^^;

流星と槍、手前のテントは私の寝床

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_050 

後方には天の川

2013年8月3~4日 槍ヶ岳_051 

一通り撮った後、再度眠りにつきました。
この時点では次の日は最高の景色が見れるんじゃないかと妄想全開だったんですけどね・・・

ホーム②へ進む
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。