ツーリング記録 雲取山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲取山

2012年11月25日

東京都最西端にして最高峰の雲取山に登ってきました。
AM2:30出発、新青梅街道をひたすら西へと進みました。
写真には撮ってませんが街中に沈んでいく月がきれいでしたよ。
青梅市街を過ぎR411に入ると気温が一気に下がり手がかじかんでいきました。
ハンドルカバーをつけて出なかったことを後悔しましたよ。
奥多摩湖の西側、ちょうど東京都と山梨県の県境にある鴨沢から林道に入りました。
AM4:50、雲取山の登山口である小袖乗越に到着。
空には驚くほどの満天の星空が瞬いていて、文字通り目を奪われました。
すぐにでも出発するつもりだったのですがあまりの圧倒的な景色に少し撮影していくことにしました。
画像には写っていませんが流れ星が普通にヒュンヒュン飛び交っていましたよ。
何度となく訪れたことがある奥多摩の新たな一面に感動しました。

2012年11月25日 雲取山_001


AM5:20、準備を整えて登山開始、いつも通り真っ暗闇の中をヘッデンを照らして進んでいきました。
だんだんこれが当たり前になってきたなw
序盤は比較的勾配も緩やかで歩きやすい道でした。
また途中には水場なんかもあり登山者に優しいつくりになっていました。
日が昇ると周囲は一面、落ち葉だらけ、このあたりはもう紅葉は終わっていました。

2012年11月25日 雲取山_003 

歩いていると体が火照っているのであまり感じませんでしたが気温はかなり低いようでした。
吐く息も白く、足元には霜柱などもできていました。

2012年11月25日 雲取山_004

AM7:10、七ツ石小屋に到着。
ここでトイレを休憩(有料100円)、冷えると近くて困ります。
小屋の奥にはテン場なんかもあり賑わっていました。
おでんやビールなんかもあるみたいだしここでキャンプも面白そうですね。

2012年11月25日 雲取山_005

2012年11月25日 雲取山_006

七ツ石小屋からは富士山もバッチリ見えていました。
正確には、ここより少し前から見えていたのですがちょっと樹木で遮られているんですよね。

2012年11月25日 雲取山_007

休憩を終えて出発、七ツ石小屋の少し先はガチガチに凍結していました。
小屋の方の話では前夜に雪が降ったとのこと、それが氷っちゃたのかな。
念のためにアイゼンは持ってきていたのですが凍結区間が短かったので装着しないで突破しました。
ただ滑ったら間違いなく滑落するような場所なのでつけたほうがいいと思います。

2012年11月25日 雲取山_008 

凍結箇所を抜けて最後の急坂を登り、AM7:40、七ツ石山に到着。
ここは前日に雲取山のほうに泊まった方々が大勢いましたよ。

2012年11月25日 雲取山_009

2012年11月25日 雲取山_010

七ツ石山よりの眺め

雲取山、すでに冬枯れた姿になっていましたがなかなかどうして雄大じゃないですか。

2012年11月25日 雲取山_012

富士山、前衛にあるのは御坂山塊、左側は丹沢山系あたりかな

2012年11月25日 雲取山_011

さらに富士山の右側にはきれいに冠雪した南アルプスが聳え立っていました。
ここまででも景色は十分楽しめるかな。
まあ、雲取山頂からはもっと色々見えたのでここで帰る手はないけどね。

2012年11月25日 雲取山_013

七ツ石山からは九十九折れの急坂を下っていきました。
これが地味に疲れる、個人的には登りよりも下りのほうが負担がかかるんですよね。
登りは体力の消耗が激しいですが体にダメージがあまりないのに対して、下りは体力の消耗が少ない反面、下半身に少しづつダメージを蓄積していきます。
まあ、登り・下りどちらも嫌いじゃないんですがね。

2012年11月25日 雲取山_014

AM8:00、ブナ坂に到着。
ここは日原方面と鴨沢方面への分岐になっています。
ちなみにここから鴨沢方面へは七ツ石山を経由しない巻き道があります。
私も帰りはそちらをまわって下山しました。
ただ、道は平坦で楽なのですが景色がないのでつまらなかったですね。
個人的には七ツ石山を経由するルートをお勧めします。
もちろん晴れていればですが。

2012年11月25日 雲取山_015

ブナ坂周辺は一面、綿毛になったマルバダケブキで覆われていました。
次回は夏にでも来て花を咲かせたところをみたいものです。

2012年11月25日 雲取山_016_1

2012年11月25日 雲取山_016_2

ブナ坂を抜け石尾根を進みます。
このあたりは道幅も広く、景色も開けていて歩いていてかなり楽しかったですよ。

2012年11月25日 雲取山_017

AM8:30、ヘリポート到着。
荷揚げとか登山事故の際に使われるのかな

2012年11月25日 雲取山_019

ちなみにヘリポートの先には奥多摩小屋があり、ここもテン場になっていました。
ここもいいな~。
富士山に南アルプス、満天の星空を眺めながら飲むビールはうまいだろうな~。

2012年11月25日 雲取山_020

小雲取山への取り付き、なかなかの急登。

2012年11月25日 雲取山_021

小雲取山よりの眺め

2012年11月25日 雲取山_022

小雲取山を抜け、いよいよ雲取山の山頂へ。

2012年11月25日 雲取山_023

AM9:18、100名山雲取山に到着、都内最高峰・最西端に到達です
ちなみにここ雲取山山頂は東京都・山梨県・埼玉県の三国境になっていて、下の画像のかっこいい標識は埼玉県のものです。

2012年11月25日 雲取山_024

東京都の標識はというと・・・ボロい・・・
しかも隅の方にあるし・・・

2012年11月25日 雲取山_025

雲取山からの眺め

富士山~御坂山塊~南アルプス~奥秩父山塊(クリックで拡大できます)

2012年11月25日 雲取山_026

南アルプス:間ノ岳~北岳~仙丈ケ岳甲斐駒ケ岳

2012年11月25日 雲取山_027

南アルプス聖岳~兎岳~赤石岳~悪沢岳

来年はここにも行ってみたいですね~。

2012年11月25日 雲取山_028

北アルプス:後立山連峰(白馬連峰)

2012年11月25日 雲取山_029

浅間山

2012年11月25日 雲取山_030

富士山、他の山もそれぞれの良さ・美しさがありますが、こと眺めるという一点においてこの山は絶対的であり別格ですね。
何度、そしてどの場所、どの角度から見ても素晴らしい。

2012年11月25日 雲取山_031

2012年11月25日 雲取山_032

一通り眺め終えて避難小屋に入り昼食をとりました。
ここも宿泊できるみたいですね。
他の登山者の方と少し話したのですが正月とかけっこうこことかテン場まで登ってくる人達がいるみたいですね。
他の山に比べて厳冬期でも比較的登りやすいそうです。
とはいっても厳冬期の山なんてまともに入ったこともない私にとってはかなりハードルが高そうですがね。

2012年11月25日 雲取山_033

AM10:15、下山開始。
帰りは巻き道を使って一気に下山しました。

2012年11月25日 雲取山_035

途中で見た富士山と飛行機雲

2012年11月25日 雲取山_036 

PM1:00、小袖乗越に帰還。

2012年11月25日 雲取山_037

登山装備をはずして少しだけ奥多摩周辺をBANで流して見ました。
夜は気づきませんでしたが、奥多摩周辺の紅葉はちょうどピークだったようできれいに色づいていましたよ。
まあ、その分、渋滞もむごかったですが・・・

2012年11月25日 雲取山_038

2012年11月25日 雲取山_039 

2012年11月25日 雲取山_040

この後は行きと同じルートで帰路へつきました。

最後にBANと紅葉

2012年11月25日 雲取山_041

2012年11月25日 雲取山_042

走行距離:161km

走行ルート:現地との往復のみなのでなし

登山ルート:
2012-11-25 17.09.12
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。