ツーリング記録 大月秀麗富嶽十二景①(百蔵山~扇山~岩殿山~お伊勢山~高川山)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大月秀麗富嶽十二景①(百蔵山~扇山~岩殿山~お伊勢山~高川山)

2012年11月4日

山梨県大月市が選定している秀麗富嶽十二景のうち、5山ほど登ってきました。
AM2:50出発、中央道で山梨県へ、大月ICで降りてR20を少しだけ東京方面へ進み、まずは百蔵山へと向かいました。
途中、コンビニで少し休憩、早めの朝食をとりました。
休憩を終えて出発、AM4:35百蔵山駐車場に到着。
準備を整えてAM4:45登山開始、ヘッデンをつけて真っ暗な登山道を進んでいきました。
AM5:38、百蔵山山頂に到着。
本来の予定ではここから夜景を眺めるつもりだったのですが山頂についたころにはすでに明るくなってしまっていました。
コンビニに寄ったのは失敗だったな・・・

大月秀麗富嶽十二景①_001

そのまま山頂で日が昇るまで待機、登山中は感じませんでしたが立ち止まると吹きつけてくる風に秋を感じますね。
もうライトシェルだけじゃ厳しいな。
AM6:10、百蔵山山頂からの日の出

大月秀麗富嶽十二景①_002

もうひとつ見たかったのがこの紅富士、角度が悪かったのか富士山の染まり具合がいまいちでしたね~。
日の出の方角を計算して再チャレンジしてみるとします。

大月秀麗富嶽十二景①_003

大月秀麗富嶽十二景①_004

富士山と紅葉

大月秀麗富嶽十二景①_005

百蔵山よりの眺め(パノラマ合成)

大月秀麗富嶽十二景①_006

日が昇ったところで次の山、扇山へと向かいました。
百蔵山からいったん急坂を下るとしばらく平坦な道が続きました。
平坦路が終わると急登へ、ここから大久保山までの登りがやけにきつかったです。

大月秀麗富嶽十二景①_007

AM7:50、大久保山に到着。
ここは樹木に囲まれているため周囲の見晴らしは遮られていました。
なのでそのままスルー。

大月秀麗富嶽十二景①_008

このあたりまで来ると樹林帯もきれいに色づいていました。
ピークはもう少しあとなのかな。

大月秀麗富嶽十二景①_009

AM8:00、扇山山頂に到着。

大月秀麗富嶽十二景①_010

扇山山頂からの富士山、前衛の山が十二単衣のようになっててこれもまた見事な景観を作り出していました。
もう少し山が赤く染まっててくれれば最高だったんですけどね~。
ここは桜の季節もいいらしいです。

大月秀麗富嶽十二景①_011

大月秀麗富嶽十二景①_012

大月秀麗富嶽十二景①_013

富士山と反対側の眺め、どこだろう

大月秀麗富嶽十二景①_014

大月秀麗富嶽十二景①_015

AM8:30、扇山下山開始。
こちら側は少し道がガレていました。
まあ、危険というほどではありませんでしたがね。

大月秀麗富嶽十二景①_016

だいぶ下のほうまで降りたところでススキの向こう側に富士山が頭だけ覗かせていました。
秀麗富嶽十二景ではありませんがこういう秋らしい景色も悪くないですね。

大月秀麗富嶽十二景①_017

山麓からみた扇山、文字と通り扇の形をしています。

大月秀麗富嶽十二景①_018

そのまま鳥沢駅へと向かい電車に乗って猿橋まで向かいました。
SUICAが使用できたのは驚きましたよ。
猿橋からバスにのってBANを回収に行く予定だったのですが次の便までだいぶ時間がかかりそうだったのでタクシーで回収に向かいました。

大月秀麗富嶽十二景①_019

BANを回収し再出発。
中央道下より見た百蔵山扇山

大月秀麗富嶽十二景①_021

BANにまたがり続いて岩殿山へと向かいました。
遠目からでもむき出しの岩肌が荒々しいその山容は要塞のようであり、戦国時代には武田の武将・小山田氏が居城を構えていた場所でもあります。

大月秀麗富嶽十二景①_020

大月秀麗富嶽十二景①_022

岩殿山山頂への道はほぼ全面にわたって石段などが整備してあり歩きやすいのですが勾配がきつく普通の登山とあまりかわりませんでしたね。

大月秀麗富嶽十二景①_023

山腹には復元された城などがありました。
中には入りませんでしたが資料館になっているようです。

大月秀麗富嶽十二景①_024

AM11:10、岩殿山山頂に到着。
眼下に広がる大月市街とその奥に聳える富士山が見事な景観を作り出していましたよ。
ここは夜景もすごそうですね。
いずれ日を改めて夜景撮りに訪れて見たいと思います。

大月秀麗富嶽十二景①_026

大月秀麗富嶽十二景①_025

大月秀麗富嶽十二景①_027

岩殿山をでて続いて真木お伊勢山へと向かいました。
この山は民家の裏側が入口となっていて入った瞬間に犬に吠えられましたよ^^;
大月秀麗富嶽十二景①_028 

お伊勢山は山というより散策路といった感じで気楽にあることができる場所でした。

大月秀麗富嶽十二景①_029

PM12:40、お伊勢山山頂に到着。
墓地の中から撮影、この時間はすでに逆行になっていましたが十二景に選ばれるだけの雰囲気は伝わってきました。
現地に置いてあった写真によるとここも桜の時期がいいみたいです。

大月秀麗富嶽十二景①_030

大月秀麗富嶽十二景①_031

大月秀麗富嶽十二景①_032

途中でみかけたニャンコ

大月秀麗富嶽十二景①_033

お伊勢山を下りて、この日最後に向かったのが高川山、初狩駅を抜けて南下していくのですがなんと途中からダートになって行きました。
しかも進むほどに道幅が狭くなっていくのでUターンできなくなるとやばい思い、途中の少し開けた場所にBANを停車して歩いていくことにしました。

大月秀麗富嶽十二景①_035

大月秀麗富嶽十二景①_034

歩き始めて3分ほどで登山口に到着、けっこう近くまでは来てたんですね。
PM1:45、本日5ラウンド目の登山開始。
いきなり急登から始まりました。

大月秀麗富嶽十二景①_036

15分ほど登っていくと男坂と女坂の分岐にさしかかりました。
名前の通り男坂はきつい急登で、女坂は緩やかな登りといった感じになっていました。
私は男坂を選択、おそらくこっちのほうが最短ルートでしょうし、なによりダラダラ歩くのが嫌いなので。

大月秀麗富嶽十二景①_037

大月秀麗富嶽十二景①_038

男坂終盤になると岩場が出現、危険防止のためのロープが設置してあるのでこれにつかまりながら登っていきました。
なくてもいけるけど一応握っておいたほうがいいでしょう。

大月秀麗富嶽十二景①_039

大月秀麗富嶽十二景①_040

PM2:35、高川山山頂に到着。
着いてまず目にはいったのは山頂の碑にマジック書かれた「ビッキー」の文字、最初どっかの馬鹿がいたずら書きでもしたのかと思いました。
しかしすぐ後に貼ってあった記事によると何年か前にここに住み着いていた野良犬の名前であることがわかりました。
時には登山者を山頂まで案内したりもしていたそうですが数年前に山頂付近でなくなったそうです。
会ってみたかったな。

大月秀麗富嶽十二景①_041

高川山山頂からの眺め

秀麗富嶽十二景のハマイバ丸~雁ヶ腹摺山

大月秀麗富嶽十二景①_042

九鬼山(秀麗富嶽十二景)とリニアモーターカー実験施設

大月秀麗富嶽十二景①_043

大月秀麗富嶽十二景①_044

鹿留山~杓子山~倉見山~富士山~三ツ峠

大月秀麗富嶽十二景①_045

南アルプス(間ノ岳~鳳凰三山~甲斐駒ケ岳)

大月秀麗富嶽十二景①_046

大月秀麗富嶽十二景①_047

一通り眺めた所で日が沈むまで昼寝をしながら待機することにしました。
とはいってもこの時間になると山頂もかなり冷え込んできてウトウトするとブルっとして目が覚めたりしてあんまり寝れなかったかな。

大月秀麗富嶽十二景①_048 

PM4:20、三ツ峠に沈む夕日

大月秀麗富嶽十二景①_049

高川山からの夕景

大月秀麗富嶽十二景①_050

大月秀麗富嶽十二景①_051

大月秀麗富嶽十二景①_052

日が沈んだところで夜景撮影開始。
徐々に灯る街明かりが富士山へと流れ込む光の川のようできれいでした。

大月秀麗富嶽十二景①_053

大月秀麗富嶽十二景①_054

大月秀麗富嶽十二景①_055

大月秀麗富嶽十二景①_056

一通り眺めた後、ヘッデンを照らして下山。
そのまま高速に乗って帰路につきました。
帰りは八王子JCTまでず~っと渋滞、事故が3箇所、下に降りてからも環八で事故渋滞、勘弁してくれ・・・。

走行距離:203km

ホーム>②はいつになるかわかりません

走行ルート:登山ルートとほぼ同じなので今回はなし

登山ルート:
 大月秀麗富嶽十二景①_058 大月秀麗富嶽十二景①_057
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。