ツーリング記録 燕岳~大王わさび農場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕岳~大王わさび農場

2012年9月16日

北アルプス表銀座玄関口、燕岳に登ってきました。
AM0:40出発、中央道長野方面へ、3シーズンジャケットを着ていったのですが小淵沢あたりはけっこう冷え込みましたよ。
日中は夏のように暑くても着々と秋へと向かっているようですね。
豊科ICで降り、コンビニで飲み物と軽食を購入しました。
ちなみにこの豊科IC、10月から安曇野ICと名前が変わるそうです。
AM4:30中房温泉に到着、ここが燕岳の登山口になります。
駐車場は3箇所あるのですがすでに満車状態、バイクだったので隅っこに無理やり停めましたが車だと前日泊でもしないと絶対無理でしょうね。
準備を整えってAM5:10、登山開始
夜明け前の登山道をひたすら登っていきました。

2012年9月16日 燕岳_001
初っ端から九十九折れの登りがつづきます。
道は整備されていますが、進むにつれて虎紐をつかむような場所なんかもでてきました。
といっても危険というほどではありませんが。

各休憩ポイントの到達時刻は以下の通り(休憩はしませんでした)
AM5:30、第一ベンチ到着(水場あり)
AM5:50、第二ベンチ到着
AM6:15、第三ベンチ到着

ちなみに水場は第一ベンチにしかありません。
不安のある方はここで補給してください。
まあ、上に山小屋が2箇所あるから金さえあればなんとかなるんですけどね。

2012年9月16日 燕岳_003

AM6:40、富士見ベンチに到着(ポカリ1本とおにぎり1個消費)
先行して到着していた方が「富士山が見えているよ」と声をかけられたのでここで少し休憩をしました。
ベンチに腰掛けて眺めてみると八ヶ岳~富士山~南アルプスが雲の上に浮き上がっていました。
天気予報が微妙だったので半分くらいあきらめていたのですがやはり来て正解だったみたいですね。

2012年9月16日 燕岳_004

2012年9月16日 燕岳_005

富士見ベンチを過ぎると徐々に岩場などが目立ち始めてきました。
まあ足場さえ間違えなければなんてことない岩場でしたけどね。
樹林帯は景色が楽しめないのでこういうのでもないと退屈します。

2012年9月16日 燕岳_006 

AM7:10、合戦小屋に到着、大勢の登山客が休憩をしていました。
私は疲れがほとんどなかったのでそのまま進みました。

2012年9月16日 燕岳_007

2012年9月16日 燕岳_008

合戦小屋をでてしばらくすると漸く森林限界を突破。
展望が一気に開け、最高の景色を一望できました、

森林限界からの眺め

上信越国境の山々~八ヶ岳~富士山~南アルプス

2012年9月16日 燕岳_009

富士山~南アルプス~常念岳~大天井岳~槍ヶ岳

2012年9月16日 燕岳_010

槍ヶ岳、これまで色々な場所から見てきましたがこれほど近くで見たのは初めてです。
この日は雲ひとつかかっておらず小槍までくっきりと見えていましたよ。
早くここに行きたいものです。
というか本当は3連休を使ってここに行くはずだったんですけどね・・・

2012年9月16日 燕岳_011

八ヶ岳~富士山~南アルプス

2012年9月16日 燕岳_012

2012年9月16日 燕岳_013

森林限界を越えて程なくすると岩の質が変わってきました。
このあたり特有のものなんでしょうかね、薄い茶でやたらゴツゴツとしていましたよ。

2012年9月16日 燕岳_014

この頃から前方には燕岳のピークが見えてきました。
秋の雲の下に聳え立つ山容にテンションも一気に上がりました。

2012年9月16日 燕岳_015

最後の鎖場、全然危なくなかったけど念のために鎖をつかんで進みました。

2012年9月16日 燕岳_016

鎖場を抜けると前方に燕山荘が見えてきました。
こうして改めて見るとすごいところに建ってますね~。

2012年9月16日 燕岳_017

AM8:00、燕山荘に到着。
ものすごい人の数、おそらく前日ここに泊まった人たちなんでしょうね。
軽く100人はいましたよ。

2012年9月16日 燕岳_018

山荘のすぐ下にはテン場がありました。
ここいいですね、断崖スレスレにあってすごく楽しそう。
次回来るときはテント持って登ることにします。

2012年9月16日 燕岳_021

軽く山荘の中を眺めた後に、頂上を目指しました。
下の画像が燕岳ピーク、北アルプスの女王と呼ばれるだけあってどことなく女性的な雰囲気の山ですね。
山頂までの道はハイマツや奇岩が立ち並んでいるちょっと現実離れした光景を見ることができましたよ。

2012年9月16日 燕岳_020

イルカ岩、こんなのが自然にできたってんだから不思議ですよね~。
バックに槍ヶ岳が見えてるのがまたイイ

2012年9月16日 燕岳_022

さらに進んでいくと巨大な掌のような岩が出現
記念写真撮っている人がいたけどよくあんなとこ登るな~。

2012年9月16日 燕岳_023

最後の登り

2012年9月16日 燕岳_024

AM8:30、燕岳頂上に到着。
この燕岳北アルプス三大急登の一つに数えられているのですがはっきり言って「どこが急登なの」ってくらいきつくなかったです。
もっときつい山がありそうなもんだけどな・・・。

2012年9月16日 燕岳_025

燕岳山頂からの眺め

穂高連峰~槍ヶ岳~笠ヶ岳~後はわかりませぬw

とにかく圧倒されるほどすごい稜線でした。

2012年9月16日 燕岳_027

剱・立山連峰~針ノ木岳~鹿島槍ヶ岳

2012年9月16日 燕岳_028

上信国境の山並み~四阿山~浅間山~八ヶ岳~富士山~南アルプス

2012年9月16日 燕岳_029

常念岳~大天井岳~穂高連峰~槍ヶ岳

2012年9月16日 燕岳_030

穂高連峰~槍ヶ岳

2012年9月16日 燕岳_031

槍ヶ岳、今年はもう無理かな~

2012年9月16日 燕岳_032

剱・立山連峰

2012年9月16日 燕岳_036

剱岳

2012年9月16日 燕岳_035

燕山荘、ここから見ると天空の城って感じですね~。

2012年9月16日 燕岳_034

山頂で食事をしていると雲が一気にわきはじめ、周囲を覆い始めました。
ちょっとやばそうだったので早々に撤収、やっぱり山は朝一でこないどダメですね。
絶景を堪能できてよかったです。

2012年9月16日 燕岳_037

AM9:10下山開始。

先ほど巨大な掌みたいな岩、反対側から見ると別物に見えますね~。
帰ってから知ったのですがメガネ岩というそうです。
まあ、メガネに見えないこともないけど・・・。

2012年9月16日 燕岳_038

途中で見かけた朽ちかけたコマクサと生き生きとしたナナカマド、夏の終わりと秋の到来を感じさせられました。
北アルプスの登山シーズンもそろそろ終わりかな。
できれば後一回くらいどこか登りたいですね。

2012年9月16日 燕岳_039

2012年9月16日 燕岳_040

下山道は前日泊の方々で大渋滞でした。
それでもある程度距離がつまると道を譲ってくれたので助かりましたが、最後の第一ベンチから先はむごかった。
妙に詰まってるから変だな~っと思って前を見てみると先頭の女性がノロノロと歩いているのが原因とわかりました。
ペースは人それぞれだから仕方ないけど後に50人以上詰まってるんだから譲るのがマナーだろう。
さすがに「詰まってるから譲ってください」と叫ぶ人もいましたがそれでもお構いなしで最後までノロノロ歩いてましたね~。
最後の最後ですごく疲れた・・・。

2012年9月16日 燕岳_041

AM11:45、中房温泉に帰還。
ここで風呂に入る予定だったのですが混んでそうだったので荷物をまとめて早々に撤収。
聞いた話ではなかなかの湯らしいので次回にでも入ってみますかね。

2012年9月16日 燕岳_042

中房温泉を後にし、r327-r25のルートで南下、途中、コスモス畑を見かけたので少し寄り道。
季節は確実に秋に向かってますね~。

2012年9月16日 燕岳_044

2012年9月16日 燕岳_044_1

PM1:00、穂高温泉健康館に到着。
ここで湯につかり汗を流しました。
ちょっと高温だったけど湯もトロトロしていて疲れがスーっととれましたよ。
考えてみると温泉ってすごく久しぶりな気がします。

2012年9月16日 燕岳_045

ちなみに外には足湯なんかもありました。
上のオブジェは坂上田村麻呂と戦った地元の英雄魏石鬼八面大王

2012年9月16日 燕岳_046

さっぱりしたところで、r308-農道のルートで最後の目的地、大王わさび農場へと向かいました。
ここに向かう途中にはある農道のストレートはお気に入りの道だったりします。

2012年9月16日 燕岳_049

2012年9月16日 燕岳_050

農道周辺には満開を迎えた蕎麦の花や収穫前の稲穂で埋め尽くされていました。
そろそろ新蕎麦の季節ですね~。
もう少ししたら食べに行こうかな。

2012年9月16日 燕岳_047

2012年9月16日 燕岳_048

PM2:30、大王わさび農場に到着。
ここに来るのは3年半ぶりになります。
前回は5月だったので緑一面のわさび田が見れたのですがこの時期はわさびを強烈な日差しから守るため黒いシートがかけられていました。

2012年9月16日 燕岳_051

2012年9月16日 燕岳_055

2012年9月16日 燕岳_054

2012年9月16日 燕岳_053

裏手に回ると映画の撮影にも使われた水車と茅葺屋根があります。
このあたりの景色は日本の原風景といった感じで和みますね。
季節を変えて再び訪れてみたいものです。

2012年9月16日 燕岳_057 

2012年9月16日 燕岳_056

売店の横で見かけた彼岸花、血の様な鮮やかな赤と独特の形状がが魅力的ですね。
今年は久々に巾着田に行ってみようかな。
この後は、豊科ICより中央道に乗って帰路に着きました。

2012年9月16日 燕岳_057_1

2012年9月16日 燕岳_059

走行距離:520km

登山ルート
登山ルート

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。