ツーリング記録 白馬三山縦走①(初日:猿倉~白馬岳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬三山縦走①(初日:猿倉~白馬岳)

2012年8月4~5日(出発は3日の夜)

週末を利用して北アルプス後立山連峰白馬三山を縦走してきました。
個人的にこれを今年最大のイベントと位置づけていたので何週間も前からテンションあがりまくりでした。

8月3日、退社後、速攻で荷物をまとめてPM7:30出発、関越-上信越のルートで長野県へ、さらにr35-R19-r31-r33のルートでPM11:30、道の駅「白馬」に到着。
この日はここにテントを張って一夜を明かしました。
道の駅に着いてみると私以外にも車中泊やテントを設営している人たちが大勢いました。
おそらくみんな登山者でしょうね。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_001

8月4日AM3:30起床、少し寝坊しました。
目が覚めると同時に撤収作業開始、荷物をまとめて出発、セブンイレブンで食料と飲料水を購入した後に今回の登山口・猿倉へと向かいました。
道中、夜明け前の白馬三山が前方に見えていたので撮影、白馬岳に少し雲がかかっていましたがそれ以外は天気予報通りの快晴となっていました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_002

AM5:00、猿倉に到着。
ツーリングでは何度となく訪れたこの場所が今回の登山口となります。
ちなみに私が着いた時、駐車場は既に満車状態でした。
おそらく前日にここに入って車中泊をしたのでしょうね。
私はバイクなので隅っこのほうに停めることができました。
到着とほぼ同時に眼前の白馬岳は朝焼けに染まり、古名「大蓮華岳」の名にふさわしい姿を見せていました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_003

2012年8月4~5日 白馬三山縦走012

準備を整えて猿倉荘へ、ここで登山計画書を提出しました。
すでに結構な数の登山者が待機していましたよ。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_005

AM5:20出発、序盤はほぼ平坦な道を進んでいきました。
しばらくすると前方の景色が開け、眼前に白馬岳を一望できました。
この時は重装備であの山頂まで本当にいけるのかちょっと不安でしたね~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_006

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_007

途中で見かけたヘリ、山小屋への荷揚げはこれで行っているようです。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_008

AM6:00、白馬尻小屋に到着。
この少し先から有名な大雪渓が始まります。
難所突破の前に少し休憩、休憩をしていると小屋の人から「ヘリが来るので中にはいってほしい」と指示されました。
中に入ってヘリの搬入作業を見たかったのですが時間が限られているので先へ進むことにしました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_009

白馬尻小屋から見た白馬岳、この角度もいいですね~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_010

AM6:20、白馬大雪渓に到着。
ここからはアイゼンとストックを装備して進みます。
ここ数ヶ月、何度か残雪が残る山に入っていたのは実はこの日のためだったのです。
Google+でフォローしている方が先日ここを登った時のレポをされていて、ここが大渋滞ポイントであることを知っていたので今回はかなり早い時間に来たわけです。
その甲斐もあってその方の画像で見ていたような大渋滞にはぶつかることもなくのびのびと雪渓を進むことができました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_011

想像していたのと違って勾配もゆるやかで歩きやすい場所でした。
装備さえしっかりしていれば事故になることもまずないと思います。
というかこの周辺だけ涼しくてむしろ気持ちよかったです。
ただ距離が少し長かったかな。
どちらかというと御嶽山の雪渓の方が急勾配で怖かったですね。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_012

ちょっと気になったのがこれ、雪渓上にいくつも転がってた石なんですが全部落石だそうです。
こんな自由の利かないとこでこんなもの落ちてきたらひとたまりもありませんね。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_013

AM7:50、雪渓突破完了。
この時点で急激に空腹感を感じたため、ここで買っておいた軽食をとりました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_014

食事をしながら来た道を振り返るとびっくりするような絶景が広がっていました。
大雪渓とその向こうに広がる靄のかかった山並みの美しいこと、テンションがもう一段階あがりましたよ。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_015

軽食を終えて出発、ここからは少しガレた急登が続きます。
他にも登山者がおおいので落石に気を配りながら慎重に登っていきました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_017

少し上がったあたりから周囲に緑があふれ、高山植物がちらほら見え始めました。
殺風景が一転、目の保養になります。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_019

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_020

さらにガレ場、このあたりちょっときつかったですね~。
両手両足をフルに駆使しながら登っていきました。
今回は特に重い荷物を背負っているので滑落でもしたらやばいですからね~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_021

AM9:20、避難小屋に到着。
一見するとトイレに見えるのですが違うようです。
ここでちょこっと休憩、本当はこの先10分ほどの場所に水場があるのでそこまでがんばりたかったのですが無理してバテたら終わりですからね~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_022

避難小屋から5分ほど登り水場へ、持ってきていた飲料水がほぼなくなっていたのでここで水を補給しました。
雪解け水を使っているようですがとにかく冷たくて体の熱が一気に開放されるような感覚になりましたよ。
私が今まで飲んだ中で一番うまい水でしたよ。
まあ、ヘロヘロだったので錯覚もあったのでしょうがw
でも本当にうまいです、ここを通ったら絶対に飲んでみてください。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_024

水場を抜けるとすぐに村営白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
ここに今回のテン場があります。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_025

この辺りからは周囲一面どこを向いても高山植物だらけ、天国みたいな場所でしたよ(行ったことないけどw)
花の名前はさっぱりなので写真だけ載せておきます。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_026

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_031

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_027

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_028

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_029

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_030

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_049

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_032

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_033

同時に左手には杓子岳馬鑓ヶ岳が見えていました。
あまりの絶景の連続で顔がニヤニヤしっぱなしでしたよ。
周りから見たら怪しい奴ですよねw

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_034

AM10:25、村営白馬岳頂上宿舎に到着。
ここまで約5時間、ひとまずのゴールです。
中に入りテント泊の受付をしました。(1泊:500円)
ついでに販売機でビールも購入、500mlが700円とかなり高いです。
まあ場所が場所なのと搬送方法がヘリであることを考えれば妥当ですね。
余裕のある人は下から自分で持ってきて宿舎すぐ下の水場で冷やすほうがいいと思います。
私はここで買っておいたビールがぬるくなったので水場で冷やしたのですが30分くらいで冷たくなりましたよ。
ちょっと触るだけでかじかむような冷たさです。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_035

宿舎の前にいた鳥、ハンティングに成功したみたいです。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_036

受付を済ませてテン場へと向いテントを設営、この時点ではほとんど人がいません。
設営を終えて少し休憩した後、白馬岳山頂を目指すことにしました。
歩き始めてすぐにグローブがないことに気づきました。
宿舎の前の椅子に置きっぱなしにしたことを思い出し急いで戻ったのですがすでにありませんでした。
一応、受付にも聞いたんですが届いてないとのこと、ISUKAのグローブ、2500円もしたのに(´;ω;`)ウッ

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_037

気を取り直して山頂へ、前方には白馬山荘白馬岳のピークが見えていました。
青い空を背景にするその姿に興奮度はMAX

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_038

ちなみにこの稜線が長野県富山県の県境になっています。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_054

AM11:50、白馬岳山頂に到着。
長いこと見つめ続けてきた山に登頂、これで見つめるだけの日々は終わりました。
最高の達成感がありましたよ。
まあ、今思い返してみるとここまでは比較的楽なんですけどね。
この次の日は・・・
まあ、それは次の記事で書く事にしてここでは山頂の景色を載せておきます。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_039

では行きましょうか、山頂からの眺め

白馬村方面、ものすごい高度感

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_040

杓子岳馬鑓ヶ岳

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_041

穂高連峰~槍ヶ岳~黒部ダム~剱岳

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_042

旭岳

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_043

パノラマ合成(クリックで拡大)

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_045

剱岳、ここもいずれ登らねば

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_046

槍ヶ岳、もちろんここも行く(`・ω・´)

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_047

頂上から降りる途中、松沢貞逸扇の碑に寄り道。
1905年に日本最初の営業山小屋(白馬山荘の前身)を創設した方だそうです。
この方37歳で自動車事故で亡くなられたそうです。
若いな・・・

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_050

登頂を終えて白馬山荘にあるレストラン「スカイプラザ白馬」へと向かいました。
ここで生ビールを注文、生き返りましたよ。
疲れていたので酔いが回るのが早い早いw

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_051

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_052

レストランの中には松沢貞逸が白馬山荘をつくったときの写真が展示してありました。
これを見ると人力で資材を運んでますね。
これは相当苦労したろうな~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_053

ついでにレストランで売ってた軍手を購入(500円)
HAKUBAのロゴつきです。
やはりグローブなしでこの先、進むのは怖いですからね~。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_055

テン場に戻ってみると隙間もないほどテントで埋め尽くされていました。
やっぱり早く登ってよかった~。
ちなみに販売機のビールも売り切れてました。
まあ、店内で生ビールが飲めますけどね。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_056

いったん、テントに戻ってインスタントラーメンと缶ビールをとりながら休憩、贅沢な時間をすごしました。
ちなみに缶ビールはぬるくなっていたので宿舎下の水場冷やしました。
水場は2箇所あり、もう一箇所はテン場のトイレの横にあります。
個人的にはちょっと遠いけど宿舎下の水場のほうが冷えててお勧めですね。
ちなみにトイレにはペーパーがないので持参する必要があります。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_057

テン場から撮影した夏の空

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_058

テン場周辺も高山植物だらけ

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_060

軽く昼寝をした後に夕景を見るためにすぐ近くのピーク、丸山へと向かいました。

途中で見かけた登山者と夏の雲、登山者って被写体としてけっこう面白いですよね。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_059

丸山から見た白馬岳とテン場

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_061

丸山から見た杓子岳と白馬槍ヶ岳

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_062

残念なことに夕方になって雲が大量発生したために夕日は見れませんでした。
まあ、ここにくるまで調子良すぎたからこのくらいはいいかな。
このあとは村営白馬岳頂上宿舎で生ビールを飲んだ後、早々にテントに戻り寝ました。

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_063

2012年8月4~5日 白馬三山縦走初日_064

ホーム②へ進む

走行ルート:現地との往復のみなのでなし

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。