ツーリング記録 御嶽山~田立の滝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御嶽山~田立の滝

2012年6月23日

木曽御嶽山に登ってきました。
昨年の信州ツーの際にこの山を目の前で見てから登ろうと決めていたのでですが、今週末はうまい具合に梅雨の晴れ間となったので早速いってきました。
AM0:20出発、中央道にのって長野方面へ、この時間でも小仏トンネルから上野原周辺にかけてはすでに霧が立ち込めていました。
AM2:30、塩尻ICで降りてR19を南下、かつての宿場町の面影を残す中山道も夜はトラックが通るだけのひっそりとした道となっていました。
この辺りまで来ると御嶽山の麓だけあってかなり肌寒く、路肩の気温計は10度を指し示していました。
ルートをr20に変えて御嶽山方面へ、途中、ちょっと疲れを感じたので道の駅「三岳」で休憩、ここではかなりの台数の車が車中泊をしていました。
今にして思えば退社後すぐにここに来て、テント泊すればよかったかな。

6月24日 御嶽山~田立の滝_001


休憩を終えてr256-林道のルートでさらに奥へ、徐々に周囲が明らんでいきました。

AM4:25、田の原に到着、今回は標高2180m、御嶽山の7合目に位置するこの場所から登っていきます。
ここの駐車場はかなり広く、やはり車中泊やテント泊をしている人がいましたよ。
でもここ、夜中は寒いだろうな~。

6月24日 御嶽山~田立の滝_002

BANを停めて登山の準備をしていると東の空が明るくなってきたのでカメラを持ってダッシュ
AM4:35日の出、本当は登山道から見る予定だったんだけどまあこれはこれでありかな。

6月24日 御嶽山~田立の滝_003

AM4:45登山開始、鳥居をくぐり中へ。
序盤は御嶽山に向かって平坦かつ整備された道が続きます。
10分もしないうちに周囲は樹木で埋め尽くされ御嶽山は一時姿を消しました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_004

6月24日 御嶽山~田立の滝_005

しばらくすると緩やかな登りになっていきました。
15分くらい登った頃、後方を振り返ると眼下には中央アルプスの麓に広がる雲海を目にすることができました。
早朝に登った者のみが目にすることができる特権ですね。
まるで生き物のように山裾をかすめる姿は本当に素晴らしかったです。

6月24日 御嶽山~田立の滝_006

6月24日 御嶽山~田立の滝_007

6月24日 御嶽山~田立の滝_008

6月24日 御嶽山~田立の滝_009

6月24日 御嶽山~田立の滝_010

8合目まで来ると再び視界が開けてきました。
眼前には山頂まで続くハイマツ群と残雪が見えていました。
この辺りから若干、冷たい風が吹き始めたのですが動いていたのでそれほど苦にはなりませんでした。
また、このあたりから登山道もそれまでの整備された道からガレた道に変貌、周囲には私以外誰もいませんでしたが一応落石に注意しつつ進みました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_011

6月24日 御嶽山~田立の滝_012

9合目まで来るとビックリ、前方にはかなり上まで続く雪渓が出現しました。
まさか、この時期にまだこれほどの規模の雪渓が残ってるとは予想外でしたよ。
お守り代わりにアイゼンを持ってきてよかった、なかったらここで撤収しなければならないところでしたよ。
アイゼンを装着し雪渓へと踏み出しました。
この雪渓、距離が長いだけでなく勾配もかなり急な上に雪が少し腐ってたので歩きづらかったです。
中ほどまで来た辺りで後ろを振り返ったのですが見るんじゃなかった・・・。
帰りが不安になりましたがここまできたら進む以外に選択肢はないので先を急ぎました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_013

約15分ほどで雪渓を突破。
岩に腰掛けてアイゼンを外していると横のほうからゲコゲコとカエルの鳴き声のような音がしたのでなんとな~く目をやるとなんと雷鳥様がいるじゃありませんか
まさか会えるとは思っていなかったのでめちゃくちゃうれしかったですよ。
近くに寄って写真を撮らせてもらったのですが人間が敵でないとわかっているようで目があってもまったく動じませんでした。
以前、立山の室堂で雷鳥を見たことがあるのですがあれは冬だったので真っ白でした。
こちらは下腹部にわずかに冬模様を残し、夏仕様へと変貌しつつありました。
こんな高所にいる辺り、古来より「神の使い」とされているのもわかる気がします。
かわいすぎる(*´д`*)

6月24日 御嶽山~田立の滝_014

6月24日 御嶽山~田立の滝_015

雪渓を抜けさらに先へ、この辺りからは両手両足を使う場所などもでてきて少し厄介でしたね。

6月24日 御嶽山~田立の滝_016

6月24日 御嶽山~田立の滝_017

AM6:30、王滝頂上に到着。
ここは奥の院剣ヶへの分岐になっているのですが、まずは剣ヶ峰へと向かいました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_018

王滝頂上から剣ヶ峰までは砂地となっており、またよく整備されていたので楽々と進むことができました。
ただこの頃にはとんでもない突風が吹いていてそっちのほうが問題だったかな。

6月24日 御嶽山~田立の滝_019

AM7:00、御嶽山・剣ヶ峰に到着。
山頂はありえないような強風が吹きつけていて立っているのがやっと、自分撮りのために三脚を持ってきたのですがカメラごと吹っ飛んでいきそうだったので後から来た人に撮ってもらいました。
一通り撮り終えた後に御嶽神社の隅に避難、そこで朝食をとりました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_020

山頂からの眺め

北アルプス(乗鞍岳・穂高連峰・笠ヶ岳)と二の池・三の池去年の秋は逆に乗鞍岳のほうから御嶽山を見てたんだよな~。

6月24日 御嶽山~田立の滝_021

6月24日 御嶽山~田立の滝_022

6月24日 御嶽山~田立の滝_023

剣ヶ峰直下の噴火口とその向こうに見える雲海

6月24日 御嶽山~田立の滝_024

6月24日 御嶽山~田立の滝_025

奥の院、この手前の尾根の先端に奥の院があるそうです。
こちら側の噴火口からは噴煙が湧き出していましたよ。
まだ活動してるのかな

6月24日 御嶽山~田立の滝_026

6月24日 御嶽山~田立の滝_027

軽食をとり終えた後に下山

6月24日 御嶽山~田立の滝_028

王滝山頂に戻ったところでまだだいぶ時間に余裕があったので奥の院へと行って見ることにしました。
奥の院へ続く尾根は雪で埋まってましたが平坦な道だったのでアイゼンを装着せずに突破できました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_029

雪渓を抜けると細いやせ尾根が続きます。
この辺りを歩いているときジェット機のエンジン音のようなものがしたのでそちらの方をみたのですがジェット機は確認できず。
よ~く注意みると剣ヶ峰に突風があたって響く音であるとわかりました。
剣ヶ峰が楯となって突風自体は防いでくれていたのですがこの音はものすごく怖かったです。

6月24日 御嶽山~田立の滝_030

尾根の対面には地獄谷と呼ばれる景色を一望できます。
地獄谷は一見しただけで、噴火の威力のすさまじさを伝えてくるものでした。

6月24日 御嶽山~田立の滝_031

日の門より眺める剣ヶ峰

6月24日 御嶽山~田立の滝_032

日の門まで来たところで前方にこんな景色が出現、これはピッケルがあってもやばそうだったので撤退することにしました。
滑落したらシャレになりませんからね~。
やはり山開き前の山はちょっと危険ですね。

6月24日 御嶽山~田立の滝_033

王滝山頂に戻って再び下山路へ、ガレ場は登りよりも下りのほうがきついんですよね~。

6月24日 御嶽山~田立の滝_034

再び雪渓へ、下りはどうしたものかと心配していたのですが、後から来た登山者たちによってラッセルされていたので思ったよりも楽に突破できました。
もちろんアイゼンは装着した上での話ですがね。

6月24日 御嶽山~田立の滝_035

雪渓を突破し上を振り返ると岩の上に今朝方の雷鳥が立っていました。
見送ってくれたのかな。

6月24日 御嶽山~田立の滝_036

下まで続くハイマツ群を眺めながら先へ

6月24日 御嶽山~田立の滝_037

あかっぱげ、平坦路を突破しAM9:30、下山完了。
3000m級の山にしてはわりと登りやすかったかな。

6月24日 御嶽山~田立の滝_038

6月24日 御嶽山~田立の滝_039

改めて振り返ると西側斜面の崩れっぷりがすさまじかった。
6月24日 御嶽山~田立の滝_040

装備を仕舞い田の原を後にしました。

林道から撮った、BANと中央アルプス

6月24日 御嶽山~田立の滝_041

この時点でまだAM9:45、しかもほとんど疲労感がなかったので本来は二日目に予定していた100名瀑・田立の滝へと向かうことにしました。
R19-r6-林道のルートで南下、山間部へと入っていきました。
田立の滝キャンプクラブを抜けまずはうるう滝へと向かいました。
こちらは田立の滝には含まれませんが車道から容易にアクセスできるいい滝でしたよ。
前日までの雨も手伝ってものすごい水飛沫を上げており涼しかったです。

うるう滝

6月24日 御嶽山~田立の滝_044 

PM12:10、粒栗駐車場に到着。
田立の滝はこの先の渓谷の中にある7つの滝の総称なのです。
PM12:20出発、序盤はほとんど傾斜のない平坦な登山道となっていました。
最初の滝まで50分とかなり時間がかかりますがそれなりに見所があるので退屈せずに進むことができました。

6月24日 御嶽山~田立の滝_042

6月24日 御嶽山~田立の滝_043 

PM1:00、最初の滝、螺旋滝に到着。
落差18m、螺旋というより逆くの字に曲がった二段瀑となっていていました。
登山道本道から少し外れた場所にあるのですがそれになりにインパクトのある滝でした。

6月24日 御嶽山~田立の滝_045

PM1:15、洗心滝
落差5m、崖下に遠見えるのですが正直これはガッカリしましたね。
別に悪い滝ではないのですが、これを100選に含めるというのは納得がいかない。

6月24日 御嶽山~田立の滝_046

PM1:25、霧ヶ滝
落差25m、段差のある断崖から豪快に流れる姿は素晴らしかった。
でもなんで霧なんだろう

6月24日 御嶽山~田立の滝_048

PM1:35、天河滝
田立の滝の主瀑で霧ヶ滝のすぐ上にあります。
落差50m、90度に切り立った断崖を一直線に流れる姿は見事、まさに渓谷を代表する景観でした。

6月24日 御嶽山~田立の滝_049

ちなみにこの天河滝は上段に行けるのですが、あとで看板を見て気づいたのですが実は立ち入り禁止だったみたい^^;
柵もないし確かに危険ですからね~。

6月24日 御嶽山~田立の滝_050

PM2:00、不動滝
落差22m、九十九折れの階段から眺めることができます。

6月24日 御嶽山~田立の滝_051

PM2:10、鶴翼滝
落差5mと洗心滝同様に低めですが、こちらは流れに勢いのあるいい滝でしたよ。
でも鶴の翼には見えないけどねw

6月24日 御嶽山~田立の滝_052 

最後にそうめん滝、落差3m、滝というより急流かな。
個人的に嫌いではないがこれも100選に含めるのはどうかと。
まあ7つ全部で100選だからこうなっちゃうわな。
不思議なのはこれよりも「滝」って感じの流れがいくつかあったのですが名前すら付いていませんでしたよ。
う~ん、わからん。
とりあえずこれで長野県内の100名瀑はコンプリート

6月24日 御嶽山~田立の滝_053

鶴翼滝手前の吊り橋を渡り登山道を登り、渓谷最後の景勝地・不動岩へと向かいました。
PM2:30不動岩に到着、ここからは東濃、木曽川、恵那山を一望できました。
ただ柵がないので落ちたら確実に逝けます。

6月24日 御嶽山~田立の滝_054

6月24日 御嶽山~田立の滝_055

6月24日 御嶽山~田立の滝_056

6月24日 御嶽山~田立の滝_057

登山道から見た不動岩

6月24日 御嶽山~田立の滝_058

本来2日間の日程で回る予定だったルートを1日で回り終えたので帰路へ。
R19を北上、行きはスルーした桃介橋を見学。
大正11年9月に完成、大同電力(現:関西電力)によって読書発電所の建設資材運搬路として木曽川に掛けられた橋だそうです。
同社の社長を務めていた福沢桃介氏の名にちなんでこの名前となったそうです。
ちなみにこの方、福沢諭吉の婿養子なのだとか。

6月24日 御嶽山~田立の滝_059 

6月24日 御嶽山~田立の滝_060

ルートをR19からR361へと移し伊那方面へと向かいました。
ここに向かったのは以前から気になっていたB級グルメ・伊那ローメンを食べるためだったのですが駅周辺を流していてもそれらしきのぼりがまったく見当たりませんでした。
あきらめて帰ろうと伊那ICへ向かう途中に伊那ローメンののぼりを発見
らーめん屋さんだったのですが中に入りメニューを見るもラーメンしかのっていません。
直接訊いてみるとメニューにはないけどローメンはやってるとのことで早速注文。
なんで載せてないのかは結局謎のままでした。
でもって、下の画像が伊那ローメン、見た目はヤキソバがスープに入ったといった感じですが味に関してはちょっとくせがありましたね。
個人的には嫌いじゃないけどこれは好き嫌いがはっきりする食べ物だと思います。

6月24日 御嶽山~田立の滝_061

食事を終えた後に伊那ICから帰路へとつきました。
それにしてもキャンプ道具持ってきたのはまったくの無駄だったなw

最後に伊那で見た夕焼け

6月24日 御嶽山~田立の滝_062

走行距離:684km

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。