ツーリング記録 甲武信ヶ岳~西沢渓谷一周

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲武信ヶ岳~西沢渓谷一周

2012年6月10日

今年の2月に西沢渓谷を散策した帰りに、渓谷入口にあるドライブイン不動沢の方に6月になると甲武信ヶ岳の登山道に石楠花が満開を迎えてきれいになるという情報を教えてもらいました。
でもってようやく6月となったわけですがすでに梅雨入りしていて登山には微妙な天候、天気予報を眺めていると土曜は1日雨だけど日曜は夕方まではもちそうだったので軽く登ってみることにしました。
今週を逃せばまた一年後になっちゃいますからね。

AM2:00出発、中央道で一気に山梨県へと入り西沢渓谷へと向かいました。
AM4:10、道の駅「みとみ」に到着。
着いてみると道の駅にはテントが大量に張られていました。
ここは登山口に近いので皆、前日泊したのでしょうね。
私も土曜が雨じゃなければここにテント泊するつもりだったのですがね。

装備を整えてAM4:30登山開始、西沢渓谷へと入っていきました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_001

10分ほどで登山指導所へ、ここにも甲武信ヶ岳への登山道・近丸新道があるのですが今回はこちらを使わずさらに奥の登山道を使います。
近丸新道からでも石楠花は見れるのですが一部、荒れているときいていたのでパスしました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_002

指導所からさらに5分ほどで西沢山荘に到着。
この手前に今回の登山コース・徳ちゃん新道の入口があるのです。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_003

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_004

序盤はなんてこともない普通の登山道、よく整備もされていて迷うこともなく進んでいけました。
ただ前日の雨でぬかるんでいたのでかなり滑りやすく、何度かこけそうになりましたよ。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_005

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_006

1時間くらい(だったかな?)ほど登っていくと目的の石楠花がチラホラ見え始めてきたのですがどうみても既に散ってしまった後といった状態でした。
このために早起きして来たのにこれでは意味がありません・・・。
とりあえず上のほうに行けばまだ残っているかもしれないと思い進むことにしました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_007

石楠花が見え始めた頃から徐々に登山道にゴツゴツした岩がでてきて歩きづらくなって行きました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_009

最初の石楠花地帯から20分ほど進むと予想通り、見頃の石楠花がたくさん残っていました。
だけど話で聞いていたのとはだいぶ違う少なさ、とりあえずさらに先へと進みました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_008

AM6:17、近丸新道との分岐点に到着。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_010

分岐点を過ぎると少しだけ視界が開ける場所がありました。
しかし残念ながら完全にガスっていて何も見えない状態、まあ今回は石楠花が目的なのでかまわないのですがね。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_011

さらに進むと噂で聞いていた石楠花トンネルにでました。
これはすごかった左右両面、ビッシリと石楠花が見頃を迎えていてきれいでしたよ。
この石楠花トンネルはだいたい1時間ほど続きました。
これで目的は果たしたので戻っても良かったのですがせっかくなので山頂まで行ってみることにしました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_012

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_013

石楠花トンネルを抜けると道は一気に険しくなりました。
急勾配に加えて足場もガレていて、さらに雨まで降り始めましたよ・・・。
カッパをきるほどではなかったのでそのまま進みましたがカメラが濡れるのは困りましたね~。
とりあえずタオルをまいて対処、以後、山頂まではほとんどノーファインダー撮るハメになりました。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_014

いったん平坦な道にでてホっとしたのも束の間、今度は残雪が出現。
悪いことにカチカチに氷っていました。
アイゼンをつけるか悩んだ結果、装着せずに進んだのですがやはり1回こけました。
やっぱ横着してはダメですね。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_015

AM8:00、最初のピーク木賊(とくさ)山に到着。
ここは木々に囲まれているので何も見えません。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_016

木賊山山頂を少し下ると視界が開けた場所にでました。
前方に見えているのが目指す甲武信ヶ岳、雲がかかって少ししか見えませんでした。
ちなみにこの場所から甲武信ヶ岳へ至る下りは砂地になっていて滑りやすくちょっと危険でした。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_017

AM8:20、甲武信小屋に到着。
ちなみに今回通ってきた徳ちゃん新道はこの小屋の徳さんが切り開いたのだそうです。
ここは小屋の宿泊はもちろん、テント泊も可能です。
今回はピストンの予定だったので素通りしましたが次回、長野側から登るときはテントを持って泊まりたいですね。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_018

甲武信小屋を抜けさらに先へ

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_019

10分ほどで稜線上にでました。
ガレた尾根の上を山頂へ

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_020

AM8:40、百名山・甲武信ヶ岳山頂に到着。
ここまで約4時間、もちろんガスっていて何も見えません。

甲州(山梨県)武州(埼玉県)信州(長野県)の三県がまたがることからこの名前がついたとされています。
晴れていればどんな景色がみれたのやら。

山頂で軽食をとっていると後からゾロゾロ登山者が登ってきたので早々に撤収しました。
こんな雨の日でもけっこう登ってくる人がいるもんですね~。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_021

20分ほど山頂で過ごした後、下山開始。
基本、下りなので問題なく進めたのですが、甲武信ヶ岳から木賊山へ登る砂地と残雪の下りがちょっときつかったですね。
きつかったというかヒヤっとしたと言ったほうがいいかな。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_022

木賊山まで戻るとだいぶ雲が流れ甲武信ヶ岳の大部分が姿を現していました。
もうちょっと待てば全景が見れたかな。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_024

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_023

甲武信ヶ岳の名前のもう一つの由来、山容がコブシの形に見えるからという説もあるそうです。
コブシに見えますかね


2012年6月10日 甲武信ヶ岳_025

下山途中に、鶏冠山への登山口を見つけたのですが入口にこんな注意書きがありました。
そんなに危険なのかな、いずれ登ろうと思っているのですが・・・

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_026

苔むした倒木、アズマシャクナゲ、古木などを眺めながらゆっくりと下山

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_027

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_029

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_028

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_030 

AM11:50、西沢山荘に帰還。
ここで帰っても良かったのですが山頂からの景色がみれず気分的に消化不良だったので西沢渓谷を一周してみることにしました。
よく考えてみたら、私は厳冬期にしか西沢渓谷を訪れたことがなく普段の状態を知らないのですよね。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_031

5分ほど休憩し後に出発、雪もスッカリ解けていて歩きやすいのは良かったのですがそのぶん人が多かったですね。
こういった新緑の中を歩くのは厳冬期の氷りついた景色とはまた違った良さがありますね。

大久保の滝

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_032

三重の滝

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_033

竜神の滝

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_034

貞泉の滝

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_036

最後に100名瀑・七ツ釜五段の滝

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_039

いつもは橋の上で冬季通行止めになっているのでここでUターンするのですがこの時期は一周ルートが解除されているので七ツ釜五段の滝の上段の釜も見ることができました。
エメラルドグリーンの水を蓄えた滝壺とそこに流れ込み、さらにそこから流れ落ちる水の流れは名瀑にふさわしい美しさと優雅さを備えています。
何気にここも3回目か、いいものはやはり何度見てもいいものです。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_040

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_041

七ツ釜五段の滝を抜けさらに奥へ、以前より気になっていた渓谷最深部の滝、不動滝へと向かいました。
ただ想像していたのと違いかなり遠方からの眺めだったのが残念でした。
滝の上のほうに古い観瀑台が見えていたのですが現在そこへのルートはありませんでした。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_042

不動滝を抜けさらに奥へ

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_043

PM:、西沢渓谷終点に到着。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_044

ここからはトロッコ道にそって駐車場へと戻っていきました。
渓谷入口付近のヌク沢にトロッコ道の橋脚が残っていたので存在自体は知っていたのですが実際に見るのは初めてです。
かつてこの辺りで伐採した木をトロッコや馬にのせて運んでいたのだそうです。
けっこう狭い場所につくられていたので事故もあったのでしょうね~。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_045

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_047

途中にあった大展望所。
奥秩父山塊が一望できるのですが雲がかかっていて残念な眺め。

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_046

PM3:20、道の駅「みとみ」へ帰還。
標高差1400mはちょっときつかったかな。
疲労感はなかったけど、筋肉痛になりましたね。
やっぱ年かな^^;

2012年6月10日 甲武信ヶ岳_048

走行距離:279km

走行ルート:現地との往復のみなのでなし

登山ルート:道の駅「みとみ」-徳ちゃん新道-戸渡尾根-木賊山-甲武信ヶ岳-木賊山-西沢山荘-西沢渓谷一周-道の駅「みとみ」

持ち物:ポカリ3本、飴一袋、おにぎり・パン各1個、ヘッドライト、マグライト、レインウェア、三脚、タオル2枚、6本爪アイゼン、デジタル一眼レフカメラ、予備のバッテリー3個、コンパクトデジカメ
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。