ツーリング記録 根尾の滝①(初日:西穂高岳独標~厳立)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根尾の滝①(初日:西穂高岳独標~厳立)

2012年5月19~20日

昨年の岐阜ツーの時に残してしまった根尾の滝へと行って来ました。
AM3:20出発、中央道にのって西へと向かいました。
山梨北部に入ったところで南アルプスの山並みが紅く染まっていたので八ヶ岳PAに寄ってみることにしました。
八ヶ岳PAは徒歩で外に出れる場所があるので階段で下へと降りていきました。
外に出てみると田んぼに映し出された紅く染まった甲斐駒ケ岳鳳凰三山が実に美しかった、悲しいことに写真ではその10分の1も表現しきれていません。
この景色は山梨県の宝だと思う、見る度うらやましくなります。

根尾の滝_001

松本ICで降りてR158で西へ、さらに安房トンネルを抜けて岐阜県へと入りR471-r475と進みAM:、新穂高ロープウェイに到着。
前回ここを訪れたのは北アルプス周回ツーの時だから3年ぶりになるのかな。
まさかまだこのブログを続けてるとは思わなかったw
入口はまだ開いていなかったので列に並び、買っておいた軽食を食べながら待ちました。

根尾の滝_002

AM8:10開門、入口でロープウェイの往復チケットを購入(JAF割適用2,520円)、そのままロープウェイに乗り込み上へと向かいました。

根尾の滝_003

約10分ほどで西穂高口駅に到着。
展望台にでて北アルプスのパノラマを一望、この日は雲ひとつない澄んだ空で最高の眺めを堪能できました。

焼岳方面

根尾の滝_004

根尾の滝_005

白山連峰方面

根尾の滝_006

根尾の滝_007

笠ヶ岳

根尾の滝_008

根尾の滝_009

槍ヶ岳方面

根尾の滝_010

根尾の滝_011

穂高連峰方面

根尾の滝_012

今回ここを再訪したのはこの穂高連峰にある西穂高岳独標に登るためです。
画像の中央にあるのがその独標、見るからに険しい山並みにゾクゾクしましたよ。

根尾の滝_013

登山計画書を記入した後、AM9:10登山開始。
外はこの時期でも雪がたっぷり残っていました。
まあ、これは前回来た時に見ていたのでわかっていたことですがね。
なので今回は初っ端からアイゼンを装着しました。

序盤は平坦な道が続きますが最初の避難小屋を抜けると徐々に勾配がきつくなっていきました。
まあアイゼンを装着してれば苦にはなりませんがね。

根尾の滝_014

根尾の滝_015

AM10:00、西穂山荘に到着。
ここがちょうど中間点になるのかな。
ここにはテン場があり、キャンプが可能となっています。
景色もいいし一度泊まってみたいものです。

根尾の滝_016

5分ほど休憩した後出発、この辺りがほぼ森林限界になるのかな。
ここを境に木々はなくなりハイマツが生い茂る荒野へと変貌していきました。

根尾の滝_017

根尾の滝_018

根尾の滝_019

AM10:25、最初のピークである西穂丸山に到着。
ここからの眺めも良かったのですがあえてここではのせません。
まあ、ここに限らず山荘以降の登山道からの眺めはどこからでも素晴らしいものがありましたがね。

根尾の滝_021

丸山を抜けさらに先へ、ここを境に勾配がきつくなっていきました。
また、日がもろにあたるので一部雪が解けていてアイゼンを外すかどうか微妙に迷ったのですが万が一があるといけないので装着したまま進みました。
結論から言うとこの時は外したほうがよかったかな。

根尾の滝_022

根尾の滝_023

ひたすら奥に進んだとこでようやく目の前に目指す独標が見えてきました。
ただこの辺りまで来ると足場が狭い場所がありヒヤヒヤしましたよ。
落ちたら間違いなく終わりっていうような場所が何箇所かありましたね。

根尾の滝_024

根尾の滝_025

狭い道を抜けホっとしたのも束の間、最後の難関が待っていました。
目の前には90℃とまではいきませんが75度角くらいの絶壁が立ちふさがっていました。
悪い冗談かと思いましが、どう見てもここ以外に道がないので登っていきました。
かなり危険だったのでここから山頂までの写真はありません。
両手両足をフルに使ってゆっくりと上へと登っていきました。
ちなみに一眼レフを持っている方はリュックにしまったほうがいいです。
カメラが岩にあたりますからね~。

根尾の滝_026

AM11:07、西穂高岳独標に到着。
ちょっと怖かった^^;

根尾の滝_027

ちなみに他の登山者が登ってくる様子を撮影、こんな感じで体全部をつかって登ってきます。
雪がなければもっと楽なんでしょうけどね。

根尾の滝_028

それでは西穂高岳独標よりの眺め

笠ヶ岳方面

根尾の滝_029

ピラミッドピークから西穂高岳山頂方面、行きたかったけどこの時期、この時の装備だと無理そうだったのであきらめました。
いずれ日を改めてチャレンジしてみます。

根尾の滝_030

ちなみに独標直下では登山道を修復している方たちがいました。
こんな危険な場所で働けるのがすごい。
この人たちのおかげでここまで来ることができるんですよね~、感謝

根尾の滝_031

南側には昨年登った乗鞍岳が見えていました。
あれもいい山だったな~。

根尾の滝_032

根尾の滝_037

根尾の滝_038

眼下には上高地が見えています。
ここもちょっと用事があるので近いうちにお邪魔しますかね。

根尾の滝_033

根尾の滝_033_1

中央アルプス南アルプス八ヶ岳、うっすらとですが見えていました。
また南アルプスの横には富士山も頭だけですが見えています。

根尾の滝_040

根尾の滝_035

根尾の滝_034

前穂高~奥穂高、有名な吊り尾根が眼前に聳え立っています。
こればかりは西穂高口駅の展望からは見ることができません。
私も乗鞍岳安房峠からは何度となく見たことがあるのですがここまで目の前で見たのは初めてです。
見た感想ですが、強固な城壁のような姿は人を拒んでるとしか思えない山ですね。
山頂で他の登山者の方に話を聞いたのですがやはりあの辺りはかなりやばいとのことでした。
それでも見てしまった以上、いつかいくんだろうな・・・。

根尾の滝_039

最後に白山連峰

根尾の滝_040

根尾の滝_041

40分ほど独標ですごした後に下山開始。
下山は登りよりもはるかに怖かった、岩場で滑るとまずいのでいったんアイゼンを外しゆっくりと降りていきました。
ほんのちょっとのミスでも確実に逝けます^^;

根尾の滝_042

なんとか独標を無事下山。
改めて振り返ると恐ろしい山だ・・・。

根尾の滝_043

独標を降りてもすぐには安心できません。
しばらくは危険地帯が続きます。

根尾の滝_044

PM12:40、西穂山荘に到着。
ここで再びアイゼンを装着してロープウェイへと向かいました。

根尾の滝_045

PM1:25、西穂高口駅に到着。
往復4時間の行程でした。
やっぱ北アルプスはなめちゃいけないね、眺めは素晴らしいけどそれに匹敵するだけのリスクも十分あることを忘れちゃいけませんね。

根尾の滝_046

下山届を提出した後にロープウェイにのって下に降りました。

根尾の滝_047

新穂高ロープウェイをでてR471-R158のルートで高山方面へ、途中、高山ラーメンの店があったので寄り道。
高山には何度か来たことがあるのですが高山ラーメンを食べるのは初めてでした。
麺がものすごく細かったけどこういうものなのかな
また、同店の敷地内には高山ラーメンの製麺工場があり見学できます。

根尾の滝_048

根尾の滝_049

満腹になったところでR41-r437のルートで巌立峡へと向かいました。
PM5:00、がんたて公園に到着、眼前には約5万4千年前の御嶽山の大噴火でできた巌立が聳え立っていました。
高さ75m、幅120mの柱状節理の大岩壁、北アルプスを見てきた後でも響いてくるものがありましたよ。
ちなみにこの周辺にはこれ以外にも小さな柱状節理を確認できました。
おそらくこの辺り一帯全て溶岩流で包まれていたのでしょうね。

ここに来た目的は、今回のツーリングの目的である根尾の滝の下見のためなのです。
観光案内の方に話をうかがったところ周囲には他にもいくつかの滝があると聞き期待が膨らみました。
パンフレットと温泉の割引チケットをもらった後にこの日は撤収。

根尾の滝_050

根尾の滝_051

根尾の滝_052

根尾の滝_053

そのまま、すぐ近くにある温泉「ひめしゃがの湯」へと向かいました。
茶褐色のトロトロした湯でサッパリしましたよ。
敷地内にはこの温泉の名前ともなっているひめしゃがが見頃を迎えていました。

根尾の滝_054

根尾の滝_055

この後は道の駅「南飛騨小坂」に泊まりました。
この道の駅は裏手が川になっているので眠くなるまで川を眺めながらビールを飲んで過ごせました。

根尾の滝_057

走行距離:383km

ホーム②へ進む

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。