ツーリング記録 御坂黒岳リベンジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御坂黒岳リベンジ

2012年5月12日

御坂黒岳に再び登ってきました。
この山は先月、登頂したばかりなのですがその時は黒岳に雲がかかっていて展望所からの景色を拝むことはできませんでした。
なので今回、再チャレンジしてきました。

ツーリングレポートに入る前になぜこの山に、しかも夜登ることになったのか、そのきっかけについて簡単に書いておきます。

今から1年半前、私は旧御坂道にある天下茶屋から富士山と河口湖の夜景を見に行ったことがありました。
下の画像がその天下茶屋からの夜景なのですが、これを見たときは「こんなすごい景色があるんだな~」などと思い満足しながら家に帰りました。
その数日後、某サイトで一枚の富士山の夜景が紹介されていました。
ものすごい衝撃でしたよ、私と同じ富士山河口湖の夜景なのですがその絶景度は圧倒的な差がありました。
一瞬にして自分が撮った写真が色褪せましたよ。
そのサイトでは場所については書かれていませんでしたが、写真の角度から推測してみるとどうも御坂山塊のどこからしいと考えられました。
その後、色々検索してみると御坂黒岳であることがわかりました。
やはり夜に登る人は少ないようで検索に苦労しましたがそれでも何人かいらっしゃいましたよ。
登頂パターンは二つ、黒岳山頂でテントを張る人と夜道を日帰りする人がいました。
色々検討した結果、私は日があるうちに登り夜間に下山する日帰りパターンを選びました。
やはり熊がでることもあるようなので宿泊には抵抗がありましたからね。

前置きが長くなりましがそろそろレポに入ります。

富士五湖201


AM11:00起床、PCの電源を立ち上げて富士山ライブカメラをチェック。
どこから見た富士山も全て雲がかかっていました。
どうしたもんかとコーヒーを飲みながらボーっと2時間ほどダラダラ眺めていると(ずっとそればかりしてたわけではないですw)徐々に雲の流れが変化、精進湖からの展望が少し好転していきました。
ダメもとで行ってみるかということでPM2:20、出発。
中央道富士五湖方面へと向かいました。
河口湖ICで降りてR139本栖湖方面へと進み、PM4:10富士本栖湖リゾートに到着。
Google+でここで富士芝桜祭りが開催されていることを教えてもらいまずはこちらへと向かいました。
園内に入ると竜神池の周辺に色鮮やかな芝桜が咲き乱れていました。
この時点でだいたい7部咲きくらいだったかな。
ちょっと料金は高いけど(二輪駐車代300円・入園料500円)それに見合うだけのものはあるかな。

御坂黒岳_001


御坂黒岳_002

御坂黒岳_003

御坂黒岳_006

御坂黒岳_007

竜神池を周回し富士山芝桜が一望できる場所へ、山頂には分厚い雲がかかっていましたが30分ほど待っていると雲が動きなんとかそれなりに見れる景色になってくれました。
閉園のPM5:00のことだったのでホント、ギリギリでしたよ。

御坂黒岳_004

まだ山頂にはだいぶ雪が残ってますね。
私は何度か登ったのでしばらく登るつもりはありませんが今年は気温が低く雪解けが遅れそうなので登山シーズンが短くなりそうな気がします。

御坂黒岳_005

富士本栖湖リゾートを後にし河口湖方面へと向かいました。
道中、御坂山塊富士山の様子を確認。
どちらも雲がかかっておらず完璧な状態でした。
この計画にはどちらか一方でも雲がかかっていたらその時点で失敗ですからね。

御坂黒岳_008

御坂黒岳_009

途中のコンビニで買出しを済ませ、PM5:50、御坂黒岳登山口に到着。
登山準備をしていると犬を連れた近所の女性が近づいてきました。
「今から登る」ことを告げると「山頂で泊まりなのか」と尋ねられました。
やはりこの時間に登る人は泊まりが多いのかな

一緒にいたワンちゃん、人懐っこくかわいい
ちょっと勇気をもらいました。

御坂黒岳_010

PM6:00、登山開始。
夕暮れ時の登山道をテクテクと登っていきました。
この時期は日が長いというメリットが生かせるのがいいですね。
まあ逆に言えば夜景の時間帯が遅くなるというデメリットもありますが。

御坂黒岳_011

PM6:50、御坂峠に到着。

御坂黒岳_012

御坂峠を越えて稜線上を登っていきます。
道中、木々の隙間からは八ヶ岳が見えていました。
夕暮れ時の赤を帯びた姿がきれいでしたが、真っ暗になる前に登頂しなければならないので先を急ぎました。

御坂黒岳_013

PM7:20、御坂黒岳山頂に到着。
ここまで1時間20分、やはり1回登ってるので少し早かったですね。

御坂黒岳_014

そのまま展望所へと向かいました。
5分ほどで展望所に到着、眼下にはネットで見た画像以上の迫力で富士山と河口湖の夜景が広がっていました。
いや~、ホント来てよかった。
間違いなく乙女峠から見た富士山と御殿場の夜景に匹敵するほどの景色です。
ただ山頂はすごく寒かった、たぶん5度なかったんじゃないかな。
立っているとグローブをしていても手がかじかんできましたからね。
40分ほど写真を撮ったり、景色を眺めながらすごした後にヘッドライトを照らしながら下山、そのまま高速で帰宅しました。

御坂黒岳_015

御坂黒岳_015_2

御坂黒岳_016

御坂黒岳_017

走行距離:288km

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。