ツーリング記録 秋の信州ツーリング②(2日日:杖突峠~八ヶ岳ズームライン~米子大瀑布)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の信州ツーリング②(2日日:杖突峠~八ヶ岳ズームライン~米子大瀑布)

2011年10月8~9日

2日目はAM5:30出発、気温5度のR20-R152のルートでを南下していきました。
この日まず杖突峠へ日の出を見に向かいました。
AM5:54、杖突峠に到着。

秋の信州057
この杖突峠は諏訪湖や八ヶ岳、茅野市街を一望できる絶景ポイントなのですがこの日はいつもと違った景色をみせてくれました。
展望台に入ってビックリ、なんと雲海が広がっているではないですか。
諏訪湖周辺は特に視界が悪くなかったのでこんな景色が見れるとは思いませんでしたよ。
さすがにこの時間にこんなところに来る人はいないようでこの贅沢な景色を独占でました。

秋の信州059 

秋の信州060 

秋の信州061 
AM6:10、権現岳と編笠山よりの日の出

秋の信州061_1 

杖突峠を後にし再びR20を南下し八ヶ岳ズームラインへと向かいました。
ちょうど一年前にこの道を訪れたとき八ヶ岳に雲がかかっていて微妙な眺めでしたが今回は雲ひとつなく、八ヶ岳へと伸びるストレートを堪能できました。
こうして改めて眺め返してみてもいい道です。

秋の信州062

八ヶ岳ズームラインを抜けr484で南下しいったん山梨県へ、さらにr11-r28と進み八ヶ岳高原大橋へと向かいました。
樹海をまたがる巨大な橋は圧巻、またここからも少し雲がかかっていましたが八ヶ岳が見えていました。

秋の信州064

秋の信州063 

r28からいったん林道へと入り、吐竜の滝へと向かいました。
AM7:50、吐竜の滝に到着。
落差は10mとやや低めですが木々の間からシズシズと流れ落ちる姿が美しかったです。

秋の信州065 

r28-R141のルートで再び長野県へと戻りました。
途中、久々にJR最高地点に寄り道、まあこの碑があるだけで特に何もない場所なのですがね。

秋の信州066 

さらに農道を抜け平沢峠へと向かいました。
AM8:20、平沢峠に到着。
眼前には八ヶ岳連峰の大パノラマ、左手には南アルプスが一望できました。
ここまで完璧な眺めは珍しいです。

秋の信州068

秋の信州067 

平沢峠を後にしR141-r480のルートで北上、この日は風が穏やかだったので松原湖に寄ってみました。
狙い通り、湖面にはバチッリと八ヶ岳を浮かび上がらせていました。
ここまで順調なツーリングも珍しいです。

秋の信州069 

松原湖を抜けR299へと入ると大渋滞、ここで渋滞って初めてでしたよ。
どうやら白駒池に入るために並んでいたようですね。
あそこってそんなに人気があったのか、私が行く時はいつもガラガラなんですがね~。
まあ実際それだけの価値ある場所ではありますがね。

R299-R152と進み大門峠よりビーナスラインへ、雲ひとつない空の下、高原地帯を快走。

秋の信州070 

秋の信州071 

秋の信州072 

山本小屋で少し休憩した後、下りのヘアピン地帯を北上。
ヘアピン地帯を抜けr62へ、のどかな田園風景を横目に東へと進みました。

秋の信州073 

秋の信州074 

ルートをR152へと移し北上、上田市へと向かいました。
上田市に入りまずは鴻の巣へと向かいました。
大昔この辺りフォッサマグナと呼ばれる海域で、海底で堆積した礫岩・砂岩によってできた分厚い地層がこの鴻の巣なのだそうです。
それほど広範囲に広がっているわけではありませんがこの周囲だけ日本離れした不思議な光景でしたよ。

秋の信州076 

秋の信州077 

秋の信州078 

続いて生島足島神社へ、ここは日本各地にある日本の中心の一つなのです。
ただここがなぜ中心かの理由については明記されていませんでした。
神社の中には武田信玄がこの神社に戦勝祈願した際の起請文などをみることがきでました。

このシリーズもこれで最終回、ようやくすべての場所を周り終えることができましたよ。
けっこうかかったな~、しかしなんでこんなのを周ろうと思ったんだろう
理由がまったくおもいだせないw

秋の信州079 

秋の信州080 

ここは上田市は真田の城下町であり市街には上田城があります。
何年か前に行ったので今回はパス、駅前にある真田幸村の像だけ見て上田市を後にしました。

秋の信州081 

上田市を抜けr65-R18-R144-R406-r349ルートで北上、今回最後の目的地100名瀑米子大瀑布へと向かいました。
米子大瀑布は紅葉のいまの時期はマイカー規制がしかれるのですが二輪は通行することができます。
r349から林道へと入り山間部へ、PM2:50米子大瀑布の登山口に到着。
登山口からは約一時間をのトレッキングとなります。
日暮れが近かったのでちょっと心配だったので早足で登山道を進んでいきました。
米子大瀑布不動滝権現滝の二つの滝の総称となっています。
まずは不動滝へ、落差は8m、巨大な岸壁を緩やかな曲線を描きつつ流れる姿が美しかったです。
この滝は直下まで行くことができますが水飛沫がすごいのとすぐそばが崖ととなっているので注意が必要です。

秋の信州082 

続いて権現滝へ、落差は75m、こちらは少し離れた場所からみることになります。
こちらも巨大な岸壁からつたって流れているのですが不動滝とは違い絹糸のように繊細な感じの滝でした。

秋の信州083 

秋の信州084 

権現滝を後にし登山道を進んでいくとそれまでの鬱蒼とした景色が一変、草原地帯にでました。
なぜここだけこのように道が整備され草原地帯になっているのか不思議に思い案内板を見るとここはかつて米子鉱山があり一大集落を形成していたのだそうです。
鉱山が閉山になった後は緑地化がすすめられているようですね。

秋の信州085 

鉱山跡地を少し登り後ろを振り返るとドーン不動滝権現滝を一望できる双瀑台なのです。
ちょっと浮世離れした景色ですね。
個々の滝も素晴らしいですがこの双瀑台からの米子大瀑布の眺めはまさに100名瀑にふさわしいといえるものです。
ちょっと逆光になっているので画像では伝わらないと思いますが本当に素晴らしかったです。
かつてここにあった集落の人達は毎日この眺めを見ながら暮らしたのでしょうね。

秋の信州089

秋の信州086 

この後は、高速にのって帰宅。
珍しく天候に振り回されることのないいいツーリングでした。

最後にこの日の月

秋の信州087 

2日目走行距離:530km

総走行距離:915km

秋の信州ツーリング(完)

①へ戻るホーム

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見応えありますねー

まず、雲海。すごいですね。
展望台って24時間開いてるんですか?

八ヶ岳高原大橋は初めて聞きました。(汗)

平沢峠も知りませんでした。絶景ポイントですね。

松原湖は鏡みたいです。

ビーナスラインは何回か走りました。いいとこですよね。

そして、米子鉱山跡地。
興味あります。ちょっと日本離れした景色のような…
ちょっと調べてみようかな。

Re: No title

>maxさん
長野は本当すごいところですよね
近くにあってよかったと思いますよ

米子大瀑布は行ってみる価値がありますよ
往復1時間ほど歩きますが山奥を抜けると秘境が待ってますから。

No title

バイクはいいですね。
旅も良し、サーキットも良し・・・
またバイクのろうかなぁ。

Re: No title

>ちゃとらさん
はじめまして
楽しいことばかりではないですがやはり乗っていて楽しいです

信州ツーリング!

相変らず素晴らしいツーリングですね^^

私もこの間八ヶ岳に行って来ました。平沢峠からの景色はほんと絶景でのんびりしてしまいました(*^▽^*)

Re: 信州ツーリング!

>W650さん
平沢峠からの眺めは迫力ありますよね。
長野もそろそろ冠雪が始まるので次回は来年ですかね。
プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。