ツーリング記録 岐阜③(3日目:高山~平湯大滝~安房峠)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜③(3日目:高山~平湯大滝~安房峠)

2011年9月23~25日

3日目はAM5:20出発、前日の朝も寒かったのですがこの日の朝はその比ではありませんでした。
カッパで身を包み霧の中を進んでいきました。
とりあえずコンビニで軽く朝食をとった後、今一度白川郷へと向かいました。
早朝の萩町集落は日中の賑わいが嘘のような静けさをたもっていました。

岐阜.3001
萩町集落内を軽く流した後、白川郷を後にしました。
次回訪れることがあれば真冬に訪れてみたいものです。

岐阜.3002

白川郷を離れR156を南下、視界が悪く寒さで手がかじかむためゆっくりと進んでいきました。

岐阜.3003  

R156に入り最初に寄ったのは帰雲城跡、かつてこの辺りには城と城下町があったそうですが1585年11月29日(旧暦)に起こった東海・北陸・近畿に及ぶ広範囲な大地震で帰雲山に大崩壊が起こり城・城下町ともに一瞬で埋没したのだそうです。

岐阜.3004 

これが帰雲山、今でも崩壊の痕跡がはっきりとみてとれました。
これだけ崩れるってことは相当な破壊力だったのでしょうね。
ちなみにマップルによるとここには埋蔵金伝説があるのだそうです。

岐阜.3005 

さらにR156を南下、この頃には日も昇ってきて朝日が照らす御母衣湖と朝霧が幻想的な風景をつくりだしていました。
この時期ならではの景色を眺めつつ湖畔を快走して行きました。

岐阜.3006 

岐阜.3008

御母衣湖を抜ける手前で久々に荘川桜を見かけました。
正確には前日も見たのですが時間の都合でチラ見しかできませんでした。
いつか満開の時期に訪れようと決めてから早4年、なぜかいつも秋にきてしまうな。
縁がないのかなw

岐阜.3007 

ルートをR158へと移し東へ、高山市街へと向かいました。
AM7:30、高山市街に到着。
ここの見所は古い町並みなのですが数年前にすでに見ているので今回は軽めに散策。
やはりこういうところは朝一でこないとだめですね。
この時間だとほとんど人がいないので落ち着いて見る事ができました。
現在はほぼ観光業と融合してはいますが、江戸時代の面影を残す街並みはどことなく心に訴えかけてくるものがあります。

岐阜.3009 

岐阜.3010 

岐阜.3011 

岐阜.3012 

ここに来るまでにだいぶ冷え込んだので軽く食事をとることにしました。
高山といえば飛騨牛のステーキなのですがもちろん貧乏ライダーの私にはそんなの無理、飛騨牛丼を頼みましたw

岐阜.3013 

岐阜.3014 

食事を終えて高山城址へと向かいました。
この城を築城したのは高山藩初代藩主金森長近という人で織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三人に仕えた武将です。
高山城の入り口にはその金森長近の像がたっていました。
以前、この方が高山に入る前に所領とした越前大野城を訪れたことがあるのですがそこにあった金森長近の像は好々爺といった感じのものでしたがこちらは猛々しい戦国武者といった感じですね。

岐阜.3015 

越前大野城もそうでしたがやはり高山城も山城となっていました。
戦国期を生きた大名だけあって、やはり防御には必要以上に気を配っていたのかな。

岐阜.3020 

岐阜.3017 

天守閣址、木々にさえぎられて街並みはみれません。

岐阜.3018 

この場所にかつてこんな感じの城が建っていたのだそうです。
絢爛豪華といった城ではなく、質実剛健といった印象の城ですね。

岐阜.3019 

城の中腹にある旅館からの眺め

岐阜.3021 

中橋より見た高山城

岐阜.3022 

本来は高山から南下して根尾の滝へと向かう予定だったのですが小雨が降ってきたのでこのまま帰路へと向かうことにしました。
根尾の滝は往復するだけで数時間かかるそうなので悪天候下では行くのにちょっと躊躇します。

高山市街を後にしR158を東へ、平湯大滝へと向かいました。
AM9:45、100名瀑平湯大滝に到着。
見た感想としては、ふんわりとした優しい印象を受けましたね。
水の量・勢い共にすさまじく、力強い滝なのですが不思議と上記のように感じました。

落差は64m、約450年ほど前に甲斐から飛騨に攻めてきた軍勢が疲弊しやっとの思いで辿り着いたのがこの平湯大滝だそうです。ぼんやり滝を見ていると一匹の老いた白猿がでてきて山中に滾々と湧き出る温泉に導いてくれたのだそうで、それが現在の平湯温泉の始まりと言われているそうです。

岐阜.3023 

岐阜.3024 

平湯大滝を後にし再びR158を東へ、この辺りまで来ると青空がのぞき、前方には笠ヶ岳が見えていました。
もうちょっと天気が良ければ新穂高のロープウェイに乗りたいことろでしたが雲がちょっと多すぎですね。

岐阜.3025 

岐阜.3026 

AM10:35、安房峠に到着。
長野側からこの峠を越えるとえらく遠く感じるのですが岐阜側からだと楽すぎて拍子抜けします。

岐阜.3029

安房峠からはちょっとモヤッっていましたが穂高連峰もバッチリみえていましたよ。

岐阜.3027 

この時期でもまだ雪が残っているようですね。

岐阜.3028 

岐阜.3037  

安房峠を越えて長野県へと入るとすぐに焼岳が見えてきました。
相変わらず山頂はモクモクいっていましたよ。

岐阜.3031 

安房いろは坂を抜けR158ををさらに東へ。
そのまま松本ICより高速にのって東京へ、途中Uターン渋滞にぶつかりましたが二輪の機動力をフルに生かして突破。
PM2:00、八王子料金所に到着。
ちょっとトラブルもあったけど楽しめたかな。

岐阜.3032  

3日目走行距離:406km

総走行距離:1307km(TRIPメーターB参照)

岐阜ツーリング(完)

②へ戻るホーム

走行ルート:
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高山城址っていい感じですね。
天守が無いのも、これはこれでいいもんだと思います。

Re: No title

>maxさん
山城はどれも独特の雰囲気がありますよね。
プロフィール

K

Author:K
●バイク:BANDIT1250F
●居住地:都内某所

●バイク暦:約16年
 セピア(原付)
  ↓
 バリオス(Ⅰ型)
  ↓
 スカイウェイブ250S(CJ44A)
  ↓
 BANDIT1250F
  
●2008年8月15日 本土四端走破達成

●2008年8月31日 富士登山達成

●2009年7月18日 本州四端走破達成

●2009年12月31日 47都道府県到達

●2010年12月30日 日本四端走破達成

●2011年10月9日 日本の中心到達完了

【簡単な自己紹介】(2011年10月31日)
絶景を求めてバイク(たまに公共交通機関)で広く浅く日本各地をまわっています。
このブログはもともと、日本本土四端到達へのモチベーション維持のために始めたものですが上記の通り2008年8月15日にすでに達成しております。
なので本来的にはこのブログの役目も終わっているのですがなんとなくダラダラと続けております。
基本、面倒くさがりなので更新頻度は低いですがマイペースで続けていこうと思っております。
いつまで続くかな

【好きな都道府県】
北海道、長野県、山梨県、群馬県

【ひとこと】
ボ~(* ̄・ ̄)眠い・・・

カテゴリー
自分用のカテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。